取り屋に消し屋に脅迫屋 国策捜査とまではいかないが相当恣意的な捜査も多々あるのが荻窪署や町田署です

時事通信は18日付で「組幹部の名前出し「殺す」=脅迫容疑で総会屋逮捕-警視庁」として以下の記事を配信した。

 

有料情報サイトに掲載された記事の情報提供者と思い込み、50代男性を暴力団幹部の名前を出して「殺す」などと脅したとして、警視庁は18日、暴力行為等処罰法違反(脅迫)容疑で、総会屋の竹之内昌虎容疑者(57)=千葉県松戸市栄町=を逮捕した。

  捜査関係者への取材で分かった。

  逮捕容疑は1月7日、男性を記事の情報提供者と思って、広島県内の指定暴力団幹部の名前を出し、「さらって殺すぞ」などと電話で脅した疑い。

  記事は、ジャスダック上場の不動産関連会社(東京都港区)の株価変動や、同社役員の金銭借り入れなどに関して書かれていた。警視庁は脅迫の動機や竹之内容疑者と暴力団幹部との関係について詳しく調べる。

  警視庁によると、東京都内の総会屋は約150人で、うち約20人が活動中という。同庁は6月下旬の株主総会集中日を控え、特別警戒本部を設置して警戒を強めている。 

 

引用以上

 

竹之内容疑者は「小峰グループ」と呼ばれる総会屋グループに属しており、以前には投資詐欺容疑で逮捕されたり、現在落魄中の蓮見和也弁護士との深い交友で知られる人物である。

 

【参考リンク】

蓮見和也弁護士の盟友 総会屋の竹之内昌虎を詐欺容疑で逮捕 社員権詐欺に加担とは単なる「カネの亡者」であることを露呈する結果に

 

今回の竹之内容疑者の被疑容疑は、山岡俊介氏が運営する会員制情報サイトであるアクセスジャーナルの記事のネタ元という人物を「殺すぞ」と脅迫した容疑であるそうだが、その内容が事実とすれば竹之内容疑者にネタ元に圧力をかけてくれてと依頼をした人物が存在するはずだろう。さっそくアクセスジャーナルは竹之内容疑者の逮捕や、その逮捕に至る経緯の推測を行っている。

 

【参考リンク】

アクセスジャーナル 6月18日付記事

 

アクセスジャーナル記事によれば、この竹之内容疑者の案件は荻窪のOさんがやっているという事だが、このOさんは現在3億払えと脅したという容疑で逮捕されている住吉会系組長の案件も担当しているはずだ。この事件の被害者というわれる人間は有名原発ブローカーであり、過去には山口組系のお亡くなりになったH組長と共に逮捕された人物である。この案件自体も、起訴など困難であると思われる中で、Oさんが竹之内容疑者の件も担当しているのであれば大わらわであろう。

このOさんは、三崎正敏をはじめとする事件屋から情報を取ることで有名であり、また暴排弁護士も頼りにしている事も有名である。黒木正博からの情報というのは眉唾だろうが、黒木→三崎という線なら十分にありうる話であろう。

町田署の「越境捜査」や、荻窪署のOさんの事は三崎がらみで当サイトも何度か取り上げてきたが、民事介入的な案件が多いことは確かに事実ではある。アクセスジャーナルは今回の竹之内容疑者の逮捕が、青山メインランドの社長の下半身問題を巡る恐喝事件などへの捜査への布石であり、安倍首相の「ケチって火炎瓶事件」を巡る報道が疎ましい政権側の「国策捜査」の可能性を主張しているが、実際に青山メインランド事件においてはアクセスジャーナル側の主張は、ほぼ真実であると思われるので、こんな事案で山岡氏を逮捕する事は困難だろう。但し、山岡氏が記事中に書いている「事情通」という人間が三崎なのであれば、大いにしっぺ返しを食らうかのせいも高いだろう。三崎は、狗としての立場を利用しカネをかすめ取るのが商売であり、悪質なマッチポンプ屋であるからである。

様々な情報サイトに企業不祥事などが掲載されれば株価に影響があるので、株価の捜査のために情報サイトを運営する仕手筋も多いようだ、また昔ながらの「取り屋」としての情報サイトも多数存在する。どんなサイトであろうと記事自体が真実で公益性のある話であれば、報道自体には価値がある事は確かであり、筆者もアクセスジャーナルには批判的な意見を書くことも多いが安倍首相の「ケチって火炎瓶事件」などの報道は大いに評価している。

どんなジャーナリストであろうと、首相に関する事件を報じる事には勇気が必要であろうし、一歩間違えば「逮捕・勾留」もあることぐらい分かっていると思われるからだ。山岡氏も「国策捜査」などと非難するよりも「俺を持って行ったら大変な事になるよ、記者魂を見せつけて不当逮捕に至る経緯を徹底的に調査し暴露してやる」と告知してやったほうがカッコイイじゃないかと筆者などは考える。

このインターネット時代、匿名掲示板から情報サイトまで様々な情報があふれかえり、真偽すらも不確かなヨタ話が「真実」として流布される時代である。そんな特性を利用し、株価を操作したりライバル企業や政敵を貶めたりする連中は多い。そんな連中が腹も据わらないにもかかわらず「取り屋」ごっこをしたり、「俺に〇〇〇円預ければ全て解決しますよ」と言ってカネを巻き上げようとする「消し屋」もどきから、「俺が言えば、必ずあいつは記事を消すよ」というような脅迫屋もどきまで、世の中には溢れている。掲載された記事が本当に事実無根であれば、刑事民事共に法的措置を執ればいいだけなのであるが、掲載記事が真実だからか、裁判が長期化するのを嫌がってか、妙な奴らに依頼を行う方々が多いのも事実である。

今回の竹之内容疑者の事件の成り行きを注視していけば、竹之内容疑者を「使った」者らや、その交友関係が必ず明らかになるはずであり、そうすれば被疑容疑についての真実も見えてくるだろう。今後の続報に注目したい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中