京都府警巡査長 高橋龍嗣を特殊詐欺の情報を悪用し1000万円を騙しとった容疑で逮捕 投資とは博打と一緒 なぜギャンブルは取り締まり対象で投資は経済活動ともてはやすのか?

産経新聞は15日付で「京都府警巡査長、特殊詐欺情報使い1千万円超詐取で逮捕」として以下の記事を配信した。

 

金をだまし取ったとして、京都府警は15日、詐欺容疑で府警山科署に勤務する巡査長、高橋龍嗣容疑者(38)=京都市中京区=を逮捕した。「金を預かった事実はあるが、だましたつもりはない」と容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は同伏見署管内の砂川交番に勤務中の平成30年11月8日、京都市伏見区に住む無職男性(78)の自宅で「お金を預かります」などと嘘をいって現金500万円をだまし取ったほか、同月15日、同様に「預かって調べます」などとして現金680万円をだまし取ったとしている。

 高橋容疑者は外貨投資を行っており、だまし取った現金は投資に利用していた可能性もあるという。

 府警によると、寄付のため男性が高額の現金を引き出そうと金融機関を訪れたところ、特殊詐欺被害を疑った金融機関側が通報。同僚と駆け付けた高橋容疑者が対応し、現場で出金理由などを確認して資産状況を把握。その後、同僚とともに男性の自宅を訪れ、「多額の現金を持っていたら危ない」と預けるよう持ちかけたという。

 2度目の犯行では、「預かって調べます」と男性に現金を下ろすよう指示。さらに自ら金融機関側に警察官を名乗って「男性が現金を下ろしたいと言っている」と連絡していた。金融機関は伏見署に高橋容疑者の在籍を確認して詐欺事件ではないと判断し、男性の引き出しに応じたという。

 特殊詐欺の被害者は高齢者が多い。警察は検挙を進める一方、関係機関との連携による被害防止対策を進めている。

 中でも効果的なのは、金融機関による高齢者への声掛けや、多額の現金を下ろした場合は警察に通報することで、声掛けによる被害阻止率は約5割とされる。今回の事件は、この通報という被害防止策を悪用した格好だ。

 高橋容疑者は今春の定期異動で府警山科署に異動。その後、高橋容疑者から連絡がないことを不審に思った男性が今年4月、伏見署に相談して発覚した。

 姫野敦秀・京都府警首席監察官のコメント 「府民の信頼を著しく損ねるものであり、言語道断。捜査結果などを踏まえ、厳正に対処する」

 

引用以上

 

治安を守るべき警察官が、特殊詐欺の情報を悪用し高齢者のカネを騙し取ったという、あってはならないような事案である。警察官が、持ち得る情報を悪用して犯罪行為を行えば、かなり高い確率で、その犯罪は成功するだろうし、犯罪集団と警察官が手を組めば犯罪集団を検挙することも困難になる事は確かであり、警察官には高度な倫理と正義感が本来は求められ、また教育の中で当然備えているはずなのでる。

この高橋容疑者は、FX投資で損失が嵩んでおり、その補填が犯罪の動機ではないかとの見方もあるようだ。警察組織は、警察官が犯罪や問題を起こさないために、浪費やギャンブルにハマっていないかには注意をしているようであるが、「投資」なども行わないように教育をする必要もあるだろう。

なんども当ブログでは述べているが投資と博打に変わる事は何もなく、暗号資産(仮想通貨)への投資など、まさに博打というほうが的を得ているだろう。FXや株の取引を行うことは「投機」以外の何物でもなく「カネ」を増やすことだけが究極の目的であり、それ以外の目的など何もないのである。高橋容疑者もFX投資などやらなければ、こんな卑劣な犯罪行為を行うことは無かったであろうと思われる。

まぁ株の分析とか、FXの分析といえばいかにも経済活動をしているような気になる者も多いようだが、そんな事は競馬新聞の馬柱を見て、「この馬がきそうだ」とか、競輪の番組表を見てラインと展開を読んでいる事と全く変わりが無いのである。

株やFXにハマっている奴らは仕事そっちのけでスマホを見て、投機対象の値動きのチェックに余念がなく、本業への集中力はかなり低下した状態でお仕事をしている者が多い。下らない広告屋や、株屋などに踊らされずに、素人は投資などに手を出すべきでは無いのである。利息が安かろうと貯金をしておけばカネが減る事はないが投資というのはカネが減る事のほうが多いのである。投資で投げたカネが目減りした奴らが引き起こす犯罪行為には枚挙に暇がない。我が国でも戦前などには「株屋」といえば詐欺師か、ばくち打ちのような連中であるとの認識であったが、それは正しい見方のなのである。人に投資を勧めるような奴らが、儲け話をわざわざ、あかの他人に教えるはずが無いだろう。

今回の高橋容疑者の極めて悪質な犯罪行為も動機は「投資」の「カネ」の問題である。くだらない「マネー教育」などより、投資は玄人の世界の話であり、投資の世界には詐欺師や犯罪者が跳梁跋扈しており、素人が手を出せば身ぐるみはがれスッカラカンになることを「マネー教育」で行うべきであろう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中