伊関正孝元弁護士が関与した地面師事件で主犯格の北泉一夫を逮捕 職業不詳というので職業犯罪者でしょう

 

朝日新聞デジタルは、『「地面師」主導役の6人目逮捕、虚偽登記の疑い 警視庁』として以下の記事を配信した。

 

東京都町田市の土地を所有者などになりすまして売却したとする虚偽の登記をしたとして、警視庁は東京都港区高輪2丁目、職業不詳北泉一夫容疑者(59)を電磁的公正証書原本不実記録・同供用などの疑いで逮捕し、13日発表した。容疑を否認しているという。

 これまでに元弁護士の伊関正孝容疑者(63)ら「地面師」グループの男女が同じ容疑で逮捕されており、今回で6人目。同庁は北泉容疑者が倉石健一容疑者(68)とともに事件を主導したとみている。

 捜査2課によると、逮捕容疑は2014年8月、町田市の土地を所有する80代女性になりすまして偽造の委任状などを法務局に提出し、東京都港区の不動産会社に土地を売却したとするうその所有権移転登記をしたというもの。不動産会社は代金として約7800万円を支払ったという。同庁は詐欺容疑での立件も視野に調べている。

 

引用以上

 

この地面師事件の主犯格といわれる北泉一夫は高輪在住の「職業不詳」の男らしい。最近はアホなメディアが「港区」なんたらというのを煽っているが、港区に憧れるのは正真正銘の田舎者のメンタリティーを持つ、おのぼりさんの品の無い成金ばかりである。そんな連中がくそまずいレストランで、料理と会わない高級ワインを傾け何かで読んだような蘊蓄を垂れ流し、ブランド自慢に明け暮れあぶく銭をいくら持っているのかを競うのである。

だから、港区界隈には特殊詐欺師が多いし、特殊詐欺師の貧相な感性でオープンさせたまずいモノを出す飲食店が多いのである。本当の「港区モード」の坊ちゃんは田能久の雄一くんのような人を言うのであるが、拝金主義を崇拝する人たちには分かるはずもないだろう。

そんな「港区モード」の北泉一夫容疑者であるが、当時弁護士であり「潮総合法律事務所」で特殊詐欺師や事件屋らと机を並べていた伊関正孝と共に、地面師事件を起こし、不動産会社から7800万円を騙し取ったわけである。この地面師事件の逮捕者が6名という事は単に頭数で割れば、一人1300万円である。主犯格2人と弁護士であった伊関への分配が多かったと思われるが、いいところ主犯格2人と伊関で6000万円を三等分して2000万円を取り分としていたとしても、弁護士の伊関からすれば本来は割に合わない犯罪のはずである。

まじめに地道に弁護士業務に取り組んでいれば、伊関の年齢であれば2000万円ぐらい稼ぐことは訳なかったはずだ。しかしながら、業務停止処分を繰り返していた事や、非弁屋に業務を丸投げしている中でカネだけを追いかけるようになり、弁護士としての使命を忘却したのであろう。

この北泉一夫は職業不詳という事なので、職業犯罪者を長年続けているのであろう。そのような中で欠陥弁護士の伊関らと共謀し地面師事件を実行したのであろうが、結局は法の裁きを受けることになったわけだ。

地面師も特殊詐欺師も「カネの亡者」である。そんなカネの亡者のカネのおこぼれでブランド物のバッグを買ってもらうために、必死にカネの亡者に媚びる女性も多い。「一流」のものを身に着け、「一流」といわれる店で食事をして「一流」と呼ばれる者らと乱痴気騒ぎをすることをステータスと考える、恥を知らず、自分の哲学も価値観も無い人間が存在する限りは、特殊詐欺も地面師事件も悪徳商法も廃れないだろう。そいつらの価値観は「カネ」だけであり、「カネ」の奴隷となり「カネ」のためにはどんな犯罪も厭わないからである。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中