判決偽造の鈴木健介弁護士(大阪) 初公判で罪状を認める 鈴木弁護士の事務所とは連絡不能の状態だそうですが大阪弁護士会は同弁護士が起訴されたことも知らなかったそうです

産経新聞は5日付で「虚偽判決文作成で在宅起訴の弁護士、初公判で事実認める 大阪地裁」として以下の記事を配信した。

 

依頼された離婚訴訟を提訴せずに判決文を偽造したとして、大阪地検が有印公文書偽造・同行使罪で、大阪弁護士会所属の弁護士、鈴木健介被告(41)=神戸市東灘区=を在宅起訴していたことが5日、分かった。同日、大阪地裁(長瀬敬昭裁判長)で開かれた初公判で、鈴木被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。

 起訴状によると、平成25年6月~28年1月、依頼者から委託された離婚訴訟をめぐり、大阪家裁岸和田支部や大阪高裁が言い渡したとする虚偽の判決文を5回にわたってパソコンを使って作成。ファクスなどの方法で男性に渡したとしている。

 検察側は冒頭陳述で、鈴木被告が依頼者の離婚問題を担当した際に婚姻費用分担の調停が不利な結果に終わったことで自信を喪失し、訴状を裁判所に提出しなかったと指摘した。

 鈴木被告は今年1月、大阪府警に同容疑で書類送検され、大阪地検が3月27日に在宅起訴していた。

 

引用以上

 

鈴木弁護士は、判決を偽造した理由を婚姻費用分担調停が不利な結果に終わったことで自信を喪失したからだと、検察に指摘されている。そんな動機で、判決文を偽造などするとは筆者には考えられない。もちろん、そのような事も動機のうちの一つではあると思われるが、訴訟の着手金などをもらっていながら、何もしてない事から、その発覚を防ぐために判決文を5回も偽造したのであろう。

いつも述べる事だが、判決を偽造するような面倒な事をするぐらいなら、訴訟を起こしたほうが楽なはずだと筆者は考えるが、「偽造弁護士」たちは、そうは考えないようである。

ほかの報道によると、鈴木弁護士が所属する大阪弁護士会は、鈴木弁護士が起訴された事すらも知らず、鈴木弁護士の事務所が現在連絡不能の状態になっている事も知らないそうだ。まぁ鈴木弁護士が報告しなければわからないのかもしれないが、事務所が連絡不能なのであれば市民窓口などに苦情が寄せられている可能性もあるはずであり、大阪弁護士会としても、いくら鈴木弁護士が弁護士資格を近々喪失することが確実であったとしても会としてきちんと調査を行うべきであろう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中