村越仁一弁護士(第二東京)が相変わらず犯罪集団と結託しているとの情報が寄せられています

村越弁護士は今までに5回もの懲戒処分を受けており、今年も3月18日まで業務停止3月の処分を受けていた有名欠陥弁護士である。

 

【参考リンク】

村越仁一弁護士(第二東京)の懲戒処分の要旨 もう弁護士としての能力を喪失していると思われる村越弁護士に業務を継続させる第二東京弁護士会の「独自の気風」

 

この村越弁護士は、懲戒処分明けに長年にわたって消費者金融エイワの社員の本田(ポン中)が非弁活動の拠点としていたSVAX新宿ビルB館9階から移転し、事務所名も「東京JIN法律事務所」に変更しているのである。

 

【参考リンク】

欠陥弁護士の村越仁一(第二東京)が事務所を移転し「東京JIN法律事務所」を開設 今度のスポンサーは誰なんでしょうか?

 

村越弁護士は犯罪常習者の吉永精志元弁護士などと結託している事や、すでに弁護士としての能力を喪失していると思われることから、まともな弁護士業務など行うわけがない事を筆者は指摘していたが、事務所移転後からさっそくロクでもない弁護活動というか、村越弁護士の名を利用する犯罪集団の架空請求的な督促の電話などが頻発しているようだ。

村越弁護士は、犯罪集団からの「口止め」の依頼や「口裏合わせ」の刑事弁護を長年行ってきた弁護士でもあり、そういう意味でも社会の害悪でしかないのであるが第二東京弁護士会の誇る「独自の気風」は、村越弁護士の犯罪的弁護活動や犯罪集団の非弁屋との結託についても大した問題と思っていないようである。

今後も村越弁護士がまともな弁護士業務を行わない事は間違いないと、筆者だけでなく多くの人たちが考えている事は間違いないと思われるが、第二東京弁護士会だけは村越弁護士の職務の独立を尊重し、村越弁護士を原因とした経済被害が発生しても知らんぷりなのである。

第二東京弁護士会がまともな対策を行うとは思えない。明らかにまともな業務を行っていない村越弁護士を野放しにする理由を、第二東京弁護士会は弁護士自治の信託者である国民に公表して頂きたい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中