1億8千万円以上を預り金からカッパライした洪性模弁護士(大阪)に懲役5年の実刑判決 いい加減にカルパ制度の導入を図らなければ、こんな事案の防止は不可能なはず

ABCテレビは9日付で「多額の預かり金を着服 弁護士に実刑判決」として以下の記事を配信した。

 

依頼者から預かった多額の預かり金を着服していた大阪弁護士会の弁護士・洪性模被告(66)に懲役5年の実刑判決が言い渡されました。

判決によりますと洪被告は、2013年から2014年にかけて19回にわたり土地建物の管理会社から預かっていたビルの「賃料相当損害金」を、自身の口座に振り込むなどの手口であわせて1億8200万円以上を着服していました。判決で大阪地裁は「(洪被告は)自宅の購入や事務所運営のための借入金の返済など資金繰りに窮していたが、依頼者からの預かり金を着服するという手段を選択したのはあまりにも短絡であった」などと指摘し、洪被告に懲役5年の実刑判決を言い渡しました。

 

引用以上

 

約1億8千万円をカッパライして5年の刑期で済むのであるから、1年あたり3600万円の刑と考えると、判決が安いような気がするのは筆者でだけではないだろう。

洪弁護士は「小原滝男」という通名で仕事をしていたようで、もしかしたら預り口口座も小原名義かもしれないので、報道は洪性模(小原滝男)として報道するべきであろう。そうでなければ、被害に気が付かない方がいるかもしれないからである。

洪弁護士は、自宅の購入や事務所運営のための借入金の返済など資金口に窮していたと裁判所は判断している。洪弁護士はまさに「カネに追われた」弁護士であることを裁判所は認定し、そのうえで預り金を着服するという手段を選択したのはあまりに短絡的であったと、指摘している事を洪弁護士はしっかりと胸に刻むべきだろう。

しかしカネに追われる中で自宅を購入する洪弁護士の気持ちは全く理解できないし、人様のカネに手を付けるぐらいなら自宅を売ればいいのではないかと思うのであるが、洪弁護士は自分の資産や体面を守るために依頼者のカネをカッパライする決断を行ったのである。

毎回同じことを繰り返すが「預り金」口座というのは、弁護士一人の裁量で引き下ろしも自由に行えるばかりでなく、依頼者には金銭が相手方から入金された事すらも分からないのである。だからこそ、預り金のカッパライが頻発するのである。日弁連や各単位弁護士会は預り金についての会規を改正し、依頼者見舞金制度を完備したというが、今回の洪弁護士のような1億8千万もの被害に対しては「焼け石に水」でしかなく、そんな見舞金制度よりも「カルパ制度」を導入して、弁護士個人の裁量で「預り金」をいじれないようにするべきなのである。

洪弁護士は、裁判所の指摘のとおり「あまりにも短絡的な」行動を行った結果、有罪判決を受けることになったのである。服役中に自身の体験や、カッパライに至るまでの心理状態などを取りまとめて、ノンフィクションとして世間に公表すべきであろう。そのような事で弁護士不祥事防止を行うことが洪弁護士の最も有効な「余命」の使い方であると筆者は確認している。

“1億8千万円以上を預り金からカッパライした洪性模弁護士(大阪)に懲役5年の実刑判決 いい加減にカルパ制度の導入を図らなければ、こんな事案の防止は不可能なはず” への 1 件のフィードバック

  1. いつになったらこの手の話がなくなることやら…。
    そして今回の判決の甘さも相変わらず…。
    ただ、唯一の救いは捕まって服役する事ぐらいですかね?
    その他カッパライ元弁護士の多くはお仲間に延命処置を
    施してもらって、その際に資金をどこかに隠し管財人も
    決して深く追及、探すことなく、破産で逃げ切っているのが
    殆どですし、下手な延命処置で被害が拡大しているケースも
    ありましたよね。
    制度の見直しもですけど、管財人等に就かれた方も適切な
    判断と行動をしてもらわないとますます腐っていくばかりでしょうね。

    いっそのこと腐りきって一度なくなってくれても良いぐらいです。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中