タイで振り込め詐欺集団摘発 「目標金額」「責任感」など「カネの亡者」丸出しの行動原理 こんな詐欺集団のように腐った人間に裁判など必要なし、即時に銃殺を

FNNプライムは3月30日付で「“掛け子集団”か 15人逮捕 タイのリゾート地で摘発」として以下の記事を配信した。

 

タイを拠点にして振り込め詐欺の電話をかけ、お金をだまし取っていたとみられる日本人の男15人が逮捕された。タイの入国管理当局は29日、観光地パタヤの近くの住宅で、日本人の男15人を不法就労の疑いで逮捕した。

この住宅からは、大量の電話機や「目標金額」と書かれた表、それに、だます手口が書かれたマニュアルが見つかっている。

男らは、この住宅を拠点に、日本に振り込め詐欺の電話をかけ、お金をだまし取っていたとみられている。タイの入国管理当局は、日本の警察と捜査していて、被害者はおよそ500人、被害総額はおよそ9,000万円にのぼるとみている。

 

引用以上

 

別の報道では「責任感」などというような張り紙もあったそうで、このような「カネの亡者」らの首魁の考え方は、全てカネだけであり、他のものには価値観を持たないのである。だから、このような詐欺師はすぐに殺し合いをするし、誰の事も信用せずにカネだけを信用し、高級車と高級ブランドで自己顕示をして、馬鹿なキャバ嬢との間で作った子供をインターナショナルスクールや有名私立の幼稚園や小学校に入れることに地道を上げるのである。

このような「カネの亡者」の手法は、悪質な不動産販売業者や悪徳訪問販売や、押し買いと呼ばれる貴金属を安価で無理やり買取するような業者らに共通した手法である。以前にはヤミ金や架空請求やサクラを使う出会い系でも、「目標必達」とか「夢」などと煽って「掛け子」の良心を麻痺させ、「カネの亡者」を増殖させるのである。

こんな連中はいつも言うように「更生不能」であるのだから、まどろっこしい裁判など経ずして、特殊詐欺に関わった人間は即時に銃殺にすればよいのである。こんなクズどもが社会に必要であるわけがなく、このような犯罪集団に「飼われる」弁護士も社会の害でしかないのであるから、詐欺集団と一緒に銃殺にすれば良いのである。

特殊詐欺や悪徳商法をやっている連中の人権など問題にすることなく、多くの被害者らの人権こそが尊重される社会をほとんどの国民が望んでいる事は間違いないのだから、特殊詐欺・悪徳商法を行うような連中など生かしておく必要は全くないのである。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中