松橋事件の再審で無罪判決 捜査機関は自白偏重の捜査手法や不適切な捜査を見直すべき

 

西日本新聞は28日付で『「自白に矛盾」松橋事件、再審で無罪判決 熊本地裁』として、以下の記事を配信した。

 

熊本県松橋(まつばせ)町(現宇城市)で1985年に男性が殺害された松橋事件の再審で熊本地裁は28日、殺人罪などで服役した宮田浩喜さん(85)に、同罪について無罪判決を言い渡した。地裁は有罪の根拠となった自白調書などを証拠採用しておらず、溝国禎久裁判長は「被告が犯人だと示す証拠はなく、殺害は認められない」と述べた。弁護側は判決後、熊本地検に上訴権を放棄するよう申し入れた。

 認知症を患い、ほぼ寝たきりの状態にある宮田さんは初公判に続いて出廷できなかった。

  再審公判で自白調書などを採用しなかった点については「数年にわたる審理での弁護側の詳細な主張を踏まえ、再審開始決定で自白の信用性が否定された」と説明。再審公判で検察側が新たな有罪立証をしないと表明していたことや、有罪判決から長い年月が経過していることも挙げて「再審請求審の判断と異なる結論は想定し得ない。可能な限り速やかに判決を言い渡すことが適当であると考えた」と述べた。

  一方、85年に自宅で拳銃を所持したとする銃刀法違反罪などについては懲役1年を言い渡したが、宮田さんが改めて服役することはない。

  捜査段階で宮田さんは「布を小刀の柄に巻き付けて刺し、布は燃やした」と自供していたが、再審請求を準備していた弁護団が検察が開示した証拠から燃やされたはずの布を発見。再審請求審で新証拠として提出した。これらを踏まえ、2016年に熊本地裁は「重要部分に客観的事実との矛盾が存在する疑義があり、自白の信用性が揺らいだ」として再審開始を決定。最高裁で確定した。

  その後の検察側や弁護側との協議で、地裁は宮田さんの体調を考慮し「迅速に審理を終わらせたい」と表明。今年2月の初公判では「再審請求審までの経緯を踏まえると取り調べる必要がない」として、自白調書や凶器とされた小刀などを証拠採用せず、即日結審させた。検察側も有罪立証しなかった。

 

引用以上

 

無罪判決を受けたとしても、宮田さんの人生が戻るわけでは無い。捜査機関の「思い込み」は一人の人生を台無しにしてしまうのである。自白偏重の捜査手法は、改善されるべきであり、実質的な脅しなどを交えた、不適切な捜査手法や「家族に迷惑が掛かるぞ」とか「自白すれば保釈の可能性がある」などというような内容を捜査員が述べる事が、現在も行われている事は事実であり、そのような捜査手法が冤罪を生み出すことを捜査機関は自覚するべきであろう。

松橋事件の弁護団が長年にわたる真摯な立証作業により、供述調書の真実性を覆した事には敬意を表したい。このような、誠実な業務を行う弁護士らは大いに称賛されるべきである。

不適切な捜査といって頭に思い浮かぶのは、何らかの民事的な係争を「口利き」により刑事事件化し解決をしようとする「三崎」のような、事件屋であろう。暴排センターから警察に下りてきた事件を自分の口利きのように吹聴する「三崎」のような事件屋は国家を愚弄しているともいえるのであるから、捜査関係者はこんな連中の情報などを真に受けてはいけないし、相手にしてもいけないのである。

話はそれたが、捜査機関は誠実に「真実」を追求するべきであり、また弁護士も犯罪者らの「口裏合わせ」などに狂奔せず、「真実」をもって弁護活動を行うべきなのである。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中