業務停止明けの村越仁一・猪野雅彦(ともに第二東京)の動向に注目しましょう

第二東京弁護士会が誇る欠陥弁護士のツートップの猪野雅彦先生と村越仁一弁護士の懲戒処分がすでに明け両弁護士はすでに弁護士としての活動を再開している。

ところが猪野先生がマリオカートに乗車している画像がとてもユーモラスであった猪野先生所属の「雅法律事務所」のウェブサイトは現在工事中として閲覧不能であったり、24時間体制でヤミ金対策を行うなど複数のサイトが存在し何が何だか分からない状態である。

 

【参考リンク】

 雅法律事務所 (現在準備中)

 雅法律事務所 (24時間 ヤミ金バージョン)

 

もう一人の大先生の村越先生の動向は伝わってこないが、常習犯罪者の元弁護士の吉永精志とつるんでいたぐらいだから、ある意味「腹を括って」犯罪的弁護活動を行っていた可能性もあるだろう。それにしても、吉永と結託して地面師の契約に立ち会ったり、吉永が斡旋する刑事事件の弁護人となって、まともな弁護をしなかったことから公判段階で被告人に解任されたとの情報も寄せられているから、村越大先生を放置していれば必ず国民に害を与えることは確かであろう。

この二大巨頭ともに、業務停止前の状態と同じ場所・名称の事務所で執務をしているわけだが、自転車操業状態のお二人が「カラ家賃」を支払えるわけが無いのであるから、この業務停止期間中の家賃は非弁屋が立て替えていたのであろう。

第二東京弁護士会は、その独自の気風からデート商法を実質的に幇助するような弁護士活動を行った蓮見和也弁護士や虚偽供述を強要し逮捕起訴された江口大和弁護士を輩出した個性あふれる人材が所属する弁護士会である。このような、独自の気風が蔓延している事から、猪野雅彦・村越仁一のツートップのような破廉恥極まりなく社会正義の実現と真逆の行動を行う弁護士にも寛容であるのかもしれないが、いい加減に弁護士活動をできなくなるよう「退会命令」「除名」の処分を下さなければ、弁護士自治の信託者である国民は第二東京弁護士会を一切信用しなくなるであろうことを肝に銘じていただきたい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中