元東京地検特捜部長の石川達紘弁護士(第一東京)を過失運転致死で在宅起訴 石川被告は事故は過失でないと容疑を否認 では何が原因なのか弁護人は公表してくださいな

読売新聞は22日付で「元地検特捜部長を在宅起訴…暴走ではねた男性死亡」として、以下の記事を配信した。

 

東京都港区で昨年2月、乗用車が歩道に突っ込み、通行人が死亡した事故で、東京地検は22日、車を運転していた元同地検特捜部長で弁護士の石川達紘容疑者(79)を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死)と道交法違反(過失建造物損壊)で東京地裁に在宅起訴した。弁護人によると、石川容疑者は起訴事実を否認しているという。

 起訴状などでは、石川容疑者は同月18日午前7時20分頃、道路脇に駐車した乗用車から車外に出ようとした際、誤ってアクセルを踏み込み、時速100キロ・メートル超で約320メートルにわたり車を暴走させ、港区の歩道上で建築業、堀内貴之さん(当時37歳)をはねて死亡させた上、道路脇の店舗兼家屋を壊したとしている。

 石川容疑者は特捜部長を務めた後、東京地検検事正や福岡高検検事長などを歴任。名古屋高検検事長を最後に2001年に退官した。

 石川容疑者の弁護人は「起訴は誠に残念。事故の原因が過失ではないことを法廷で明らかにしたい」などとコメントした。

 

引用以上

 

石川弁護士はいわゆる「スター検事」から「ヤメ検」として弁護士に転身した有名弁護士である。その石川弁護士が、遅れてきた「青春」を謳歌していた際に、この事故は発生したのである。まぁ「辣腕」弁護士も夜の世界のお姉さんたちにとっては「ちょろい」爺さんでしかなく、「年甲斐もない」行動の結果がこの事故であったと筆者は判断している。

 

【参考リンク】

ヤメ検の神通力と遅れて来た青春の弊害 得をするのはブランド物のバッグを買ってもらうお姉さんだけという真実

 

しかし、石川弁護士は事故を起こした自動車に乗車しており、自らも足を骨折する重傷を負ったにも関わらず、この事故は「過失」でないと主張している事には誰もが驚くしかないだろう。石川弁護士の主張通りであれば、石川弁護士の運転していたレクサスに欠陥があったという事になる。

自動車を停車して車から降りる際に、エンジンが掛けっぱなしで、シフトがDレンジに入っていたからこその事故であり、石川弁護士がアクセルを踏んだかどうはともかくとしても、停車時にエンジンを切るなり、Pレンジにシフトを入れていれば防げた事故である事は確実であり、石川弁護士の行動に問題があったことは事実であろう。

石川弁護士の弁護人が誰であるかはしらないが、石川弁護士の運転していたレクサスに欠陥があった事を立証できるのであろうか?別の報道では、自動車自体には何の以上も無かったとされており、だからこそ石川弁護士は起訴されたのであろう。

石川弁護士があくまで「アクセルを踏んでいない」と思っているのであれば、それは認知機能の低下であると判断するのが当然であろう。認知機能が低下していて弁護士業務など行えるわけもないのであるから、一刻も早く弁護士登録を自ら抹消すべきだと筆者は考える。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中