業務停止明けまであと1週間 猪野雅彦・村越仁一 弁護士(ともに第二東京)の今後に注目です

猪野雅彦・村越仁一という第二東京弁護士会の看板欠陥弁護士ら2名が奇しくも昨年12月19日にそろって業務停止3月の懲戒処分を受けた事はお伝えしているとおりである。

 

【参考リンク】

村越仁一(第二東京)に5回目の懲戒処分 こんな犯罪弁護士を放置する第二東京弁護士会の独自の気風

 

この2名の欠陥弁護士らは、猪野弁護士は通算3回目の懲戒処分であり、村越弁護士に至っては5回目の懲戒処分である。こんな複数回懲戒処分を受けた弁護士らを僅か3月程度の「お休み」で済ませてしまう、第二東京弁護士会の「独自の気風」には呆れるほかない。

この猪野・村越の両巨頭は3月19日から業務を再開できる事になるわけであるが、お伝えしているとおり村越弁護士は自らが唯一の社員であった弁護士法人モントローズ法律事務所の清算がなされている最中であり、今後は村越弁護士が同事務所に在籍中であったころの収支の問題などから、法人の清算人から何らかの法的措置が執られる可能性も高いと思われ、今後の行く末は定かでないが、村越弁護士の周囲には元弁護士でありながら地面師と結託する吉永精司をはじめとする、犯罪集団が多くかかわっている事から、村越弁護士を最後まで「使い倒す」可能性もあるだろう。

猪野弁護士については、多くの悪徳出会い系サイトや悪徳商法を行う業者らや、行政書士法人鷹友会などに関与した、非弁集団などが猪野弁護士を同じく「使い倒す」ことを考えている筈である。刑事裁判の法廷までスッポかす猪野先生の事なので、猪野弁護士に「貸し」を作っていると考えているチンピラも多いことから猪野先生の前途は極めて多難であると思われる。

第二東京弁護士会は、この2名の弁護士について業務復帰後も指導監督連絡権を行使することが必要であることぐらい分かっているとは思うが、実際に実行しない事も目に見えてわかる。本当にこの2名の弁護士を「放置」すれば、弁護士自治の信託者である国民に害をなす事であることを理解し、業務停止明けに弁護士バッジを取りに来た2人に十分に説諭を行い、今後も犯罪集団などの要望に応えるような弁護活動を行うのであれば即時に弁護士登録を取り消すよう申し渡したうえで、バッジを返すべきだろう。せめてそのぐらいの事はやっていただきたいと筆者は考える。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中