業務停止中の村越仁一弁護士(第二東京)と、犯罪常習者の吉永精志について

現在業務停止3月の懲戒処分を受けている、村越仁一弁護士(第二東京)が様々な犯罪組織の意を受け、証拠隠滅や口裏合わせに勤しんでいた事は何度かお伝えしてきた。また村越弁護士が犯罪常習者の元弁護士の吉永精志と結託していた事もお伝えしてきた。

この村越弁護士であるが、様々な振り込め詐欺集団や強盗団や投資詐欺集団などを吉永精志から紹介されて、様々な悪質な弁護活動を行っていたとの情報が寄せられた。

おそらく、寄せられた情報は真実であり、村越弁護士がエイワの本田に飼われていた事も真実であろう事から、村越弁護士は「反社の手先」として実質的に犯罪行為に加担していた事は疑いの無い事実であろう。

そんな村越弁護士が吉永の依頼を受け、地面師の関与する不動産契約にも立会いしていた事は間違いないとの情報も寄せられている。情報によれば本当に吉永に村越弁護士は騙されたという事であるが、吉永のような人物と結託していれば、このような事になることはまともな弁護士であれば理解できるはずであり、すでに「反社の手先」に堕していた村越弁護士は、「目先のカネ」欲しさに吉永の依頼を受けたと思われる。

こんな、村越弁護士であるが、以前に代表社員であった弁護士法人モントローズ法律事務所の解散にともない、おそらく預り金の問題などで債権者破産の申立もなされる可能性も強いことから弁護士生命も風前の灯であると考え「カネ」だけを求め、様々な悪事に励んでいると思われる。こんな村越弁護士であるが、業務停止期間が明ければエイワの本田を始めとした犯罪的非弁集団に再度飼われることは明らかであろう。

そのためにも、第二東京弁護士会は村越弁護士が、犯罪集団と結託している事について注意喚起を行うべきであろう。それが、弁護士自治の信託者である国民に対する弁護士自治の役割であると筆者は考える。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中