マネロンに関与する「カネに追われた」弁護士はそれなりに存在します

産経新聞は20日付で、『マネロン、弁護士事務所を狙う』として以下の記事を配信した。

 犯罪収益の出所や所有者を分からなくするマネーロンダリング資金洗浄)を疑わせる海外送金の依頼が国内の大手弁護士事務所にあったことが20日、関係者への取材で分かった。国外の弁護士事務所では「知らずにマネロンに関与した」といった報告が相次いでいるが、日本の弁護士事務所でマネロンが疑われる不審な依頼があったのが確認されたのは初とみられる。こうした事態を受け、日本弁護士連合会日弁連)は依頼者の身元確認の徹底など注意喚起に乗り出した。

 マネロンを疑わせる送金依頼は、日弁連のマネロン対策のワーキンググループ(WG)が昨年11月にまとめた初のアンケートで判明したという。所属弁護士数が多い上位10事務所を対象に、不審な依頼の有無や対策について尋ねた。

 回答によると、「信用を補完するため、事務所経由で日本企業から外国企業への送金をしてほしい」「第三者を経由して海外から日本に送金するため、送金の法規制について相談したい」といった依頼を受けた事務所があった。

 2件とも、過去に受任したことのない「一見客」からの相談で、紹介者もいなかった。いずれも対応した弁護士がマネロンの疑いが強いと判断し、詳細を聞かずに依頼を断ったという。

 WGに所属する片山達(たつ)弁護士(第二東京弁護士会)によると、依頼者からの守秘義務や社会的信用があることから、弁護士事務所がマネロンなどで悪用される事例は海外で報告されているという。日弁連として国内で不審な依頼や相談を把握したのは初めて。

 調査によると、リスク管理のため多くの事務所が依頼者情報をデータベース化し、監査部門が内容を確認。新規の依頼者に対しては、必ず事務所での面談を求めている弁護士法人もあった。このため、実際に悪用されてマネロンに関与した事務所は確認されていない。

 日弁連は会規に基づき、依頼者の身元確認や目的の検討を義務づけてきたが、会規を改正し、これらの義務が正しく履行されているかどうかの確認を含む業務報告書の提出を、会員に求めている。

引用以上

しっかりとした弁護士事務所であれば、記事中にあるとおり新規の依頼者に対しての与信を行うものであるが、「カネに追われた」弁護士らはそんな事よりも「目先のカネ」である事から、マネロンに限らず「口裏合わせ」や「証拠隠滅」など平気で犯罪行為を行うのである。

弁護士の使命である社会正義の実現などより、今日の一万円が大事だと考える「乞食弁護士」と呼ぶに相応しいような者もいるので本来は所属弁護士会がしっかりと指導監督連絡権を行使して欠陥弁護士の動向を監視するべきであるのが、そんな事を真剣におこなう単位弁護士会は皆無である。

基本的に弁護士業務が商売であることは事実であるが、カネだけを追い求めれば、そのツケが弁護士自身に戻ってくる事を分からない弁護士らが、安易にマネロンや犯罪幇助・犯罪行為を行うのである。吉永精志のような地面師とも結託するような犯罪ブローカーの元弁護士と協働するような弁護士を即時に追放できるような制度を策定しなけば、マネロンに限らず犯罪行為に実質的に関与する弁護士は減らないだろう。

最近は投資詐欺・振り込め詐欺集団はフィリピンなどに資金を送金している様子もあり、そのような連中に喰わせてもらっている弁護士がマネロンに加担している可能性も高いと思われるので、捜査機関は欠陥弁護士をマークして、犯罪集団を検挙するべきなのである。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中