無権代理でチンピラを支援する自由法曹団の重鎮弁護士に懲戒請求との情報

二弁の多摩支部の元役職者で自由法曹団の常任理事でもある弁護士が委任を受けてもいない法人の代理人として内容証明郵便を送付したり、この大先生に委任をしているチンピラの脅迫行為などを容認している事は以前にもお伝えした。

 

【参考リンク】

一人一人の人権を尊重したいという多摩地区の自由法曹団の重鎮は反社会的勢力と思しきチンピラの反社会的行動を積極的に黙認しているそうです

 

この大先生に対して、懲戒請求がなされたとの情報が寄せられた。これだけの大先生なので全く何も気にしていないかもしれないが、「無権代理」という行為は明らかに懲戒事由であるとも思われるし、弁護士同士で相互に「直接の接触」を禁止することを約しながらもチンピラのカブレた行動を容認する大先生の方針は、「社会正義の実現」に反するばかりでなく弁護士職務基本規程にも反する行動であることは明らかであろう。

筆者がこのような記事を公開する理由は、簡単に言えば「独自の気風」を誇りとする第二東京弁護士会が、この自由法曹団の重鎮であり過去に同会の多摩支部の役職者であったことから、被懲戒者に対して「忖度」を行い「懲戒不相当」という議決をすることを防ぐためである。

法律家である弁護士が運営する弁護士会の綱紀委員会が、法の下の平等を否定するような「お友達主義」により運営されることは許されない筈である。

この二弁の多摩支部の元役職者で自由法曹団の常任理事でもある弁護士の懲戒請求については随時情報提供者から動きが寄せられるそうである。筆者は綱紀委員会の審査の経緯を随時公表していく予定であるので、ご期待頂きたい。

“無権代理でチンピラを支援する自由法曹団の重鎮弁護士に懲戒請求との情報” への 1 件のフィードバック

  1. 自由法曹団に2弁って、完全にブラックじゃないですか(笑)
    この2つが揃えば、反社である確率が高くイメージは最悪ですよね。

    いいね

登記事項証明書 にコメントする コメントをキャンセル

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中