やっと書類送検された「ヤメ検」石川達紘弁護士 石川弁護士が安い罰金で済むのであれば国民は「忖度」としか思わないですよ

読売新聞は22日付で 「元特捜部長の車、100キロで暴走…通行人死亡」として以下の記事を配信した。

東京都港区で今年2月、車が歩道に突っ込み、通行人が死亡した事故で、警視庁は21日、車を運転していた元東京地検特捜部長で弁護士の石川達紘容疑者(79)(神奈川県鎌倉市)を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死)などの容疑で東京地検に書類送検した。

 発表によると、石川容疑者は2月18日午前7時20分頃、渋谷区恵比寿の道路脇に乗用車を駐車し、ドアを開けて車外に出ようとした際、誤って左足でアクセルを踏み込んで約300メートル先の港区白金の歩道まで暴走させ、通行人の建築業、堀内貴之さん(当時37歳)をはねて死亡させるなどした疑い。

 サイドブレーキはかかっていたが、エンジンは切っておらず、ギアはドライブに入っていたという。車は時速約100キロで暴走し、中央線を越えて歩道に乗り上げた。

 

引用以上

 

今年2月の事故が年末のこの時期に書類送検されること自体が問題であろう。石川容疑者は記事中にあるとおり元東京地検特捜部長ではあるが、法律というものは誰にでも同じように運用されなければ何の意味もないものであるが、大物ヤメ検の老後の青春にでも配慮したのであろうか?一般人が2月に人をひき殺していたら、今頃はすでに刑罰が下されているはずであろう。

引用記事によれば、お姉さんをゴルフのお迎えに行った石川容疑者がギアをドライブに入れたままサイドブレーキだけかけて路上駐車をして、車外に出ようとした際に左足でアクセルを全開にしたところ、レクサスのエンジンはうなりを上げ100Km/hまで急加速し被害者をひき殺したという、半ボケ老人らしい「過失」行為なのである。捜査側は石川容疑者に忖度などすることなく徹底的な捜査を行い石川容疑者に忖度することなどなく適正な刑罰を下すべきなのである。

79歳でも判断能力も反射神経もしっかりした方もいることは事実であるが、老化により様々な能力が低下している事を自覚しながら、①安易に路上駐車を行い、②本来はブレーキを踏むはずの左足でアクセルを全開にして③おそらくノーブレーキで被害者及び被害建物に突っ込んだ石川容疑者の行為は罰金刑でお茶を濁すような内容ではないだろう。

石川容疑者が罰金刑に処されるようであれば、国民は大物「ヤメ検」への「忖度」と考え、司法制度に対する信頼は大きく低下することは間違いないだろう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中