非弁屋の法律の窓口となっていた吉村亮子弁護士が登録を抹消

自由と正義12月号に吉村亮子弁護士(千葉)が9月30日をもって、弁護士登録を請求取消した事が掲載されていた。

吉村弁護士は、今まで2度の懲戒処分をうけており、実質的な「飼い主」の非弁屋に見限られた事や、自分自身でも弁護士業務の遂行能力に疑問を感じ請求取消に至ったものと推測される。

吉村弁護士の事務所はヤミ金上りのチンピラが仕切っており、事務所内部においても暴力事件が起きていたとの情報も寄せられており、吉村弁護士はなるべく早くに、ひいらぎ総合法律事務所から「脱出」したかったのかもしれないが、結果的に非弁屋の使用人になった事から、弁護士資格を返上する事になってしまったのである。

「過払い金」を巡り非弁業界には、多くの犯罪集団が参画してきたが、元サラ金・ヤミ金関係者らが、弁護士を取り込んで債務者リストを利用し「過払い金」を金融会社からカッパいで、依頼者に過払い金をまともに返さずにフトコロに入れる連中が大増殖したのである。

その代表的な例がエイワの本田であり、同じく竹川カズノリなどであろう。

吉村元弁護士には、勇気を出して頂き非弁屋の手法などや、どんな連中が非弁提携行為を行っているのかを、まとめて頂き日弁連に注意喚起を行ったり、自らの経験を著書にするなどして多くの国民に過払い金泥棒が組織的に行われたことを明らかにして欲しい。

弁護士マッチングサイトは「過払い金」の返還請求の増加を嚆矢にして大量発生した。その意義が無いとは言えないが、マッチングサイトの弁護士の口上は「広告」でしかなく一部の弁護士マッチングサイトには先ごろ起訴された「街角法律相談所」のように非弁提携や事務所「丸抱え」という問題が潜在している事を認識し利用することが肝要であろう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中