漂流する欠陥弁護士笠井浩二の街の灯法律事務所 新宿大京町から青山骨董通りに登録変更後1か月も経たないうちにお引越し

有名欠陥弁護士の笠井浩二先生であるが、先月末に新宿大京町から青山骨董通りに事務所を移転したことをお伝えした。

 

【参考リンク】

有名問題弁護士で過去6度の懲戒処分を誇る笠井浩二弁護士がまたまたお引越し

 

この笠井先生の登録先が、12月13日現在以下の場所に移転している事が確認された。

 

氏名     笠井 浩二

性別     男性

事務所名          街の灯法律事務所

郵便番号          〒 1010052

事務所住所       東京都 千代田区神田小川町3-28-9 三東ビル7階B

電話番号          03-5577-3659

FAX番号          03-5577-3803

 

この笠井弁護士の新たな登録場所には、税理士・行政書士が登録しているようであるが、大京町に事務所登録していた際にも笠井弁護士は税理士と登録していたことは記憶に新しい。おそらく笠井弁護士は、この住所で開業する税理士・行政書士事務所に「間借り」をしたのであろうと思われるが、なぜ青山の事務所を1か月も経たないうちに、小川町に移転を行ったのは全く理解できない。

弁護士が事務所を移転すれば、受任中の依頼者に住所変更などのお知らせの郵便物を送り、相手方弁護士や訴訟継続している裁判所に送達先の変更届も出すことになるので、こんな短い期間で事務所移転を行えば面倒なだけなのであるし、依頼者・相手方からの信頼を失うだけなのであるが、笠井弁護士には何らかののっぴきならない事情があるのであろう。

笠井弁護士が所属する東京弁護士会は、こんな事務所登録場所の移転を頻々と行う弁護士に不信感を抱くことが当然であり、なぜそんなことになるのかを笠井弁護士に聴取するべきであろう。以前にも事務所の引っ越しを繰り返し、最終的には「除名」処分を受けた佐々木寛弁護士の例もあるのだから、弁護士自治の信託者である国民に被害が及ばぬよう適切に指導監督連絡権を行使することを強く求めたい。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中