事情を知らずに現金を受領した詐欺の「受け子」に最高裁が逆転有罪判決 投資詐欺に実質的に加担する弁護士らは犯罪組織依頼の接見時には「知らないと言えば無罪」などと被疑者に伝えないようにしてください

読売新聞は11日付で『「中身知らない」詐欺受け子、最高裁が逆転有罪』として、以下の記事を配信した。

 特殊詐欺事件の被害者に送らせた現金入りの荷物を受け取る「受け子」について、どのような場合に詐欺の故意があったといえるかが争われた刑事裁判の上告審判決が11日、最高裁第3小法廷であった。宮崎裕子裁判長は「他人になりすまして繰り返し荷物を受け取り、報酬を得るなどしていれば故意が認められる」との判断を示した。

  詐欺罪に問われた受け子が「荷物の中身が被害金とは知らなかった」と無罪を主張するケースは多く、過去の司法判断は分かれていた。捜査当局が、被告が被害金と認識していたことをどう立証するかが課題となっており、最高裁の判断は捜査の追い風となりそうだ。

  判決によると、被告の男(44)は2015年、首都圏の複数のマンションの空き部屋で、高齢者らから宅配便で届いた荷物を住民になりすまして約20回受け取った。男は1回あたり約1万円の報酬を得た。荷物には被害金が入っていたが、男は「中身は現金ではなく薬物か拳銃と思った」と詐欺罪について無罪を主張した。

  同小法廷は、男が不審な受け取りを繰り返したことから「詐欺を含む犯罪によって荷物が送られたと認識できた」と指摘。また、荷物の中身を薬物や拳銃と考えた根拠は薄く、「男は詐欺かもしれないと認識しつつ荷物を受け取った」として詐欺罪の成立を認めた。

  1審・鹿児島地裁判決は故意を認めて男を有罪としたが、2審・福岡高裁宮崎支部は、空き部屋を悪用して被害金を受け取る手口が社会で周知されていなかったことを理由に無罪とした。同小法廷は高裁判決を破棄。逆転有罪判決が確定する。

  受け子の詐欺の故意が争点となった上告審判決は14日にも予定されており、2審の無罪判決が見直される公算が大きい。

 

引用以上

 

他人に成りすまし、空き部屋で荷物を受け取る事に悪意が存在することは当然であり最高裁の判断は妥当であろう。特殊詐欺を撲滅できないのは、犯罪組織に実質的に加担する弁護士らが、被疑者被告人のための弁護活動でなく犯罪組織のための弁護活動を行い、「口封じ」を行い、「知らずにカネを受け取った」と供述すれば、不起訴になる公算が高く、起訴をされても無罪の可能性が強いなどと言って嘘の供述をさせる事で捜査の拡大を防いでいる事も大きな要因なのである。

今回の最高裁判決は記事中にあるように、同様の受け子事件の上告審にも影響を与える事は確かであり、事情を「知らなかった」と供述して起訴を免れる事が困難になる事も予測されるのである。

特殊詐欺を専門に扱う「口裏合わせ」専門の「犯罪組織」の「飼い犬」となった欠陥弁護士らは、今後は今までのように「知らないと言えば無罪」などと被疑者に伝えないようにして欲しいものである。

筆者は特殊詐欺に加担した人間は絶対に更生不可能であると確信している。特殊詐欺に関与する人間は「カネ」だけが人生の価値の全てであり「カネ」の為には、どんな犯罪行為も厭わない「カネの亡者」であるからだ。「亡者」の人権など尊重する必要も無く、人間扱いなどする必要がないと思うのであるが、是非とも特殊詐欺を専門に扱う先生方のご意見を拝聴したい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中