一人一人の人権を尊重したいという多摩地区の自由法曹団の重鎮は反社会的勢力と思しきチンピラの反社会的行動を積極的に黙認しているそうです

筆者に寄せられた情報によると、二弁の多摩支部の元役職者で自由法曹団の常任理事でもある弁護士が委任を受けてもいない法人の代理人として内容証明郵便を送付したり、このエライ先生に委任しているチンピラの脅迫行為などを容認し、脅迫被害者らが弁護士にトラブルの処理を委任しているにも関わらず、被害者らへの直接の接触を「容認」あるいは「黙認」しているとの情報が寄せられた。

この多摩地区の大物弁護士は、一人一人の人権が尊重される社会を構築したいと述べながらも、チンピラの委任を受け、一度も連絡もしたことのない法人の委任を受けたとして無理筋の請求を行う内容証明郵便を送付し、結局この件については請求の「撤回」の内容証明郵便を後に送ったそうだが、あまりにも軽率な行動であることは間違いないだろう。

このチンピラの脅迫行為の被害者らは、チンピラと直接面談したくない事から弁護士に委任をしたそうであるが、頭の悪いチンピラは「会う会わないは俺の自由だ」と言って、面会行為を繰り返しているようであるが、この自由法曹団の重鎮ともいう弁護士は、チンピラの行動を黙認し、一向に指導を行わないとの事である。

自由法曹団の創立メンバーの布施達治や山崎今朝也の反骨精神などは、すっかり失われ自分たちの組織の中での出世競争のための点取りゲームを行うのが今の自由法曹団の現状であろう。どんなに弾圧を受けても、自分の矜持を貫き通した布施や山崎のような傑物は今の自由法曹団には存在せず、相手方の人権を不当に侵害するチンピラの行動を不作為で実質的に幇助するような弁護士が自由法曹団の重鎮なのであるから、振り込め詐欺師の刑事弁護を専門に行う、キャスターバックを転がして歩くズングリ熊さんのような弁護士が団内に発生するのである。

腐れチンピラの行動を容認するチンピラの行動を容認し無権代理を平然と行う、法曹団のお偉いさんには近々懲戒請求がなされるそうだ。「独自の気風」をもつ、第二東京弁護士会がどんな判断をするかは分からないが、この平和を希求する元二弁の役職者の「エライ」弁護士大先生様に「忖度」などすることの無いことを祈っている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中