解体された伊勢原つゆきビルを巡る殺人事件等の矢野治死刑囚の公判 被害者の死をカネに換価した者に社会的な制裁を

読売新聞は12日付で『無罪主張の死刑囚、一人は「殺させました」』として以下の記事を配信した。

 

2003年に前橋市で起きたスナック乱射事件などで死刑確定後、別の2人の殺害に関与したことが明らかになったとして、改めて殺人罪に問われた元住吉会系暴力団組長・矢野治被告(69)の裁判員裁判の初公判が12日、東京地裁(楡井英夫裁判長)であった。矢野被告側は起訴事実を否認し、無罪を主張した。

 死刑囚が被告となる裁判員裁判は初めてとみられる。ただ、刑法は死刑囚に他の刑は執行しないと定めており、有罪になっても受刑することはない。判決は12月13日の予定だが、裁判員は異例の審理に向き合うことになる。

 起訴状では、矢野被告は1996年8月、暴力団関係者ら3人(いずれも死亡)と共謀し、神奈川県伊勢原市の路上に止めた車の中で不動産業の津川静夫さん(当時60歳)の首を絞めて殺害。98年4月には、東京都豊島区のマンションで元会社社長の斎藤衛さん(同49歳)の首を絞めて殺害したとしている。

 矢野被告は罪状認否で、津川さんについて「名前すら知りません」と関与を否定。斎藤さんについては「私は殺していません」と述べた一方、「(別の者に指示して)殺させました」とも話した。弁護人は「矢野被告が自分で斎藤さんの首を絞めたという事実は存在しない」などと述べ、2件とも無罪だと主張した。

 検察側は冒頭陳述で、津川さんの事件について、「津川さんが所有する土地の権利を手に入れるためだった」と動機を指摘。斎藤さんの事件については「捜査段階の調べに対し、矢野被告は『自分がネクタイで首を絞めた』と供述していた」と主張した。

 矢野被告は暴力団組長だった03年1月、配下の組員2人(いずれも死刑確定)と共謀し、対立する暴力団の元組長の殺害を計画。実行役の2人が前橋市のスナックの店内外で銃を乱射し、市民3人を含む4人を殺害した。矢野被告は殺人罪などに問われ、1、2審で死刑判決を受け、最高裁が14年3月に上告を棄却。死刑が確定していた。

 

引用以上

 

引用記事中にある被害者の津川さんが所有する不動産とは、解体された伊勢原駅前の「つゆきビル」の事である。筆者は、このつゆきビルに関わる事件屋・悪徳弁護士らについて今まで何度かにわたり解説をしてきた。

津川さんが亡くなったことにより、このつゆきビルの所有者であった旭住宅建設協同組合は実質的に経営不能になり、平成15年11月18日に監督官庁の関東地方整備局長命令で解散命令が下され、清算状態になったのである。そんな状態の中で平成23年になって事件師の國井洪がこの組合に入り込み、つゆきビルの所有権を「カネの亡者」として名高い司法書士というより事件屋の自称大天才司法書士などと争い、各所からカネを引っ張って以前にねつ造された債務名義なども利用しながら、結果として伊勢原市に売りつけたのである。そして昨年6月29日に國井の支配する法人から伊勢原市に所有権移転がなされたのだ。これは実質的には「反社」への利益供与であると思われるのであるが、丹沢の玄関口である伊勢原駅前に「幽霊ビル」が存在することについて伊勢原市は何らかの対応を行いたかったのであろうと思われるが、人が死に、暴力団・暴力団関係者から資金が注ぎ込まれ債務名義を「出来レース」で取得し利用し、事件師が入り乱れて様々な脱法行為を駆使し所有権を争った、この土地には「呪い」が現在も残置されていることを伊勢原市は認識しておくべきであろう。

犯罪集団が簡単に利益を得られるような社会など国民誰一人として望んでいないのである。矢野死刑囚は執行逃れのために自らの犯罪行為を告白したとも考えられ、今後の公判は難航することが予想されるが、矢野死刑囚が「カネ」のために人殺しを指示した事は認めており、また矢野死刑囚の告白に基づき津川さんの遺体が見つかった事からも何らかの関与があった事は事実であろうと思われる。

理不尽に命を奪われた津川さんが代表を務めていた旭住宅建設協同組合を利用し、伊勢原市に不動産を売りつけた「えせ同和」の國井は事件屋間の争いには勝利したと考えているのかも分からないが、最終的な行先は針の山の上でしかない事を自覚するべきであろう。

このつゆきビルに関与し、不正な相続登記を指南した大天才司法書士や、事件屋國井については今後もその所業の忘却を防ぐためと、人の死すらも己の欲の為だけの金儲けに利用する「カネの亡者」の排除のためにも今後も必要に応じて論評をしていく必要がある事は間違いなく、こんな連中と協働する弁護士についても、しっかりと情報を公開していく必要があることは当然である。

矢野死刑囚は、「延命」など考えず、任侠道のかけらが残っているのであれば、全ての真実を法廷で述べるべきであろう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中