緊急速報 投資詐欺セナーの関係者8人を逮捕 セナーと同様のインチキ金集め「フライカード」にセナー関係者が関与との情報も

時事通信は14日付で「ビットコインで出資募る=米セナー社、80億円超集金か-8人逮捕・警視庁」として以下の記事を配信した。

 

元本保証や最大月利20%の高配当をうたい、無登録で米国の投資会社とされる「SENER(セナー)」への出資を募ったとして、警視庁生活経済課などは14日、金融商品取引法違反(無登録営業)容疑で、東京都港区白金台、会社役員柴田千成容疑者(46)ら男8人を逮捕した。仮想通貨「ビットコイン」での出資が大半で、同課は全国の延べ約5800人から83億円相当を集めたとみて、詐欺容疑も視野に実態解明を進める。

 同課によると、8人はいずれもセナー社の勧誘員で、柴田容疑者ら6人は容疑を認めている。ほか2人は否認しているという。

 柴田容疑者らは新規の出資者を勧誘すると紹介料がもらえるマルチ商法で出資者を増やしていたが、昨年6月中旬に配当が停止。同課は今年5、7月に関係先を家宅捜索していた。

 同容疑者らは、全国各地でセミナーを開くなどして勧誘。ビットコインで出資を募り、現金で受け取った際にもビットコインで支払いを受けたように受領証を偽装していたという。仮想通貨は金商法の規制対象外で、同課は同法による規制を逃れようとした疑いがあるとみて調べている。

 逮捕容疑は昨年2~5月、10回にわたり、港区の柴田容疑者の会社事務所などで、都内と千葉県に住む40~72歳の男女9人に、無登録でセナー社の先物取引事業への出資を募った疑い。

 

引用以上

 

 セナーは、典型的なマルチ商法である。そのマルチの手段が、芸能人を派手に利用したり説明会などで映像などを利用してあたかもセナーがアメリカで確固たる地位を築いたように見せかけて金集めを煽ったのである。

この金集めの中心人物は「村井」という人物であり、ネット上で投資を煽っているのが「蝶野舞」という名前でメールを送りまくる「高島」という人物が関与しているとの情報がよせられており筆者も独自に調査を行っている最中であった。

このセナーと同様にマルチ的な金集めを行っているのがフライカード(FLYE CARD)である。カード機能を集約した(iphoneのウォレットのような機能らしい)次世代カードであり、なぜか旅行会社のワールドベンチャーズという会社を無料で利用できるとかという特典があるらしいが、こんな話も結局マルチの金集めのネタでしかなく、すでにこのフライカードは詐欺であるとウェブ上ではすでに騒ぎが始まっているのである。

このフライカードへの投資を煽る人物の中に「蝶野舞」も登場しているのは果たして偶然であろうか?セナーにしてもフライカードにしても「アメリカではすでに」という枕詞で勧誘を行っていた事から、セナーとフライカードの間には何らかの接点があるのではないかと筆者は考えている。

いずれにしてもマルチ商売でカネが儲かるのは、犯罪を企図した上層部だけであり、仮想通貨は今や暴力団の金集めの道具でしかなくなっている事も事実だ。こんなヨタ話を真に受けて投資をすることはカネをドブに捨てるだけの行為でしかない事と、世の中にそんなうまい話はない事を国民は自覚するべきであろう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中