金融機関が与信を誤る理由は過度な業績主義と担当者が「カブレる」時です スルガ銀行が損害賠償を求め前会長ら9人を提訴との報道

共同通信は12日付で「スルガ銀行、前会長らに賠償提訴」として以下の記事を配信した。

 

スルガ銀行は12日、不正融資問題で多額の損失を招いたとして、創業家出身の岡野光喜前会長ら旧経営陣9人に総額147億円の損害賠償を求める訴訟を静岡地裁に起こしたと発表した。不正の温床となったシェアハウス向け融資のうち、回収不能になるものが「注意義務違反と相当因果関係を有する」と結論づけた。

 賠償請求額は、岡野氏と、同氏の実弟で副社長を務めた故喜之助氏がともに35億円。米山明広前社長ら7人が11億円となっている。法的責任の有無などは外部弁護士らでつくる委員会の調査を踏まえ判断した。

 

引用以上

 

スルガ銀行が請求した金額ぐらい、前会長の岡野光喜氏はサラッと支払えるような気がするのは筆者だけではないだろう。長泉町のクレマチスの丘の運営費用を今後どうするかだけが頭が痛い程度ではないかと推測する。

スルガ銀行からは相当な預金が流出したとの報道もあり、同行は銀行として存続するための選択肢として、旧経営陣の提訴を行ったのであろうが、本気で責任を追及するのであれば特別背任などでの刑事告訴が必要であろう。その要件を満たすかどうかはともかくとして、岡野会長ら創業家が心血を注ぎ開発してきた、駿河平地区の開発・運営資金の流れを精査する事は金融機関としてしっかりと精査を行う必要がある事は言うまでもないだろう。

何度も述べるように、スルガ銀行は組んではいけないチンピラ詐欺師どもと結託した事が、今回の問題の端緒である。振り込め詐欺師に仲間割れで人殺しをするような連中や「デート商法」で腐ったマンションを売りさばくような松尾眞一に犯罪常習者の佐藤太治などと組んだ結果なのである。旧経営陣を提訴するのも良いが、スルガ銀行を騙して大金をフトコロに入れて返済だけを債務者に押し付けた、こんな連中からカネを取り返す必要と、収入証明書を偽造した連中についてもしっかりと文書偽造の罪で刑事告訴を行うべきなのである。

現在、不動産業界や銀行などでは収入証明書の偽造についての問題が多く報道されている。「TATERU」や西武信用金庫などが現在報道されているが、売る側も融資をする側も、社員がチンピラかぶれをしてきたら、何か問題が発生しているとしっかり認識をするべきなのである。

西武信金は多摩地域の支店が不正融資の舞台となったようであるが、そこには事件屋や文書偽造の常習者の存在も噂されている。まだ同信金の「顔」であると吹聴する多摩地域の暴力団密接交際者を自称する、芸能プロ経営兼高利貸兼チンピラは、一般人からの投資金名目でカネ集めを行い、事業を行う「カネの亡者」であり、弱いものには暴力団の名前をだし、小金持ちには「自分は西武信金の大口預金者で結構な顔なんです」と言ってすり寄り事業資金名目でカネを引き出すのである。

行き過ぎた業績主義のために、こんなチンピラに影響されて行員がチンピラ化した金融機関は、早晩スルガ銀行と同様の運命になる事をよく自覚するべきであろう。預金者も支店に多くのチンピラが訪れるような金融機関とは付き合わないほうが良いことは間違いないだろう。金融機関はチンピラどもの居心地が悪い場所でなければならない筈であり、チンピラ詐欺師の犯罪活動資金の提供の場であってはならないのである。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中