スルガ銀行が約900億円規模の赤字に!前会長も提訴へ 詐欺師・犯罪集団と結託した結果である事の自覚を

時事通信は7日付で「スルガ銀中間、不正融資で最大900億円の赤字=追加引き当て-旧経営陣を提訴へ」として以下の記事を配信した。

 

スルガ銀行の2018年9月中間決算の純損益が赤字に転落することが7日、分かった。赤字幅は最大で900億円程度に上る見通し。審査書類の改ざんなど不正が横行していた投資用シェアハウス向け融資で、貸し倒れに備えた引当金を大幅に積み増すため。財務の健全性を示す自己資本比率は、国内営業の銀行に求められる水準の2倍に当たる8%台を確保できる見込みだ。

 14日に発表する。不正融資を見過ごしたとして、岡野光喜前会長ら旧経営陣に対し、同行は損害賠償を求めて提訴する方針。不正融資に絡む9月の第三者委員会報告は旧経営陣について、経営を任された取締役の責任を果たしていない善管注意義務違反を認定していた。金融機関では極めて異例の対応となる。

 スルガ銀は、4月に経営破綻したスマートデイズ(東京)が運営していたシェアハウスの所有者らに購入費用を融資していた。3月末時点の融資残高は約2035億円に上り、18年3月期までに引き当てた約420億円から損失見積額が大きく膨らむ。第三者委の報告を踏まえ、シェアハウス向け融資の返済状況の他、物件の賃料収入、空室率などを精査した結果、引当金の積み増しが必要だと判断した。

 

引用以上

 

まぁ佐藤太治や松尾眞一のような職業犯罪者が実質経営する企業や、振り込め詐欺の仲間割れで人殺しを行った連中のお仲間が経営するようなワンルーム屋(Ω)や、ヤミ金上がりに詐欺師上りが経営するような不動産会社からの依頼で融資付けなどしても、返済などあるわけない事は普通の銀行員には分かるはずである。

それにもかかわらずカネをジャブジャブ融資してきたのであるから、赤字になって当たり前と言えば当たり前なのである。旧経営陣を訴えることも当然であるが、スルガ銀行は詐欺的な手法で不動産販売を行った会社についての情報を多く持っているのであるから、罪滅ぼしのためにも、そのような会社の名称や代表者の属性などを全て公表し、国民に注意を喚起すべきであろう。

刺青背負ったチンピラ共が、脅迫まがいの勧誘などや、嘘八百を並べ立て原価500万円程度のマンションに1000万円以上の金額を上乗せしてローン付けをさせて売っていたのであるから、実際は「詐欺」といったほうが正しい所業なのである。スルガ銀行としてもインチキ収入証明を提出してきたようなチンピラ経営会社を提訴したうえで、そんなクズどもを国民に公表する必要がある事を理解するべきなのである。

高いモラルが求められる銀行が職業犯罪者らと結託した結果が、金融庁の処分であり、この900億円もの赤字を作ったのである。デート商法を間接的に擁護した蓮見和也弁護士も、業務停止の処分を受け社会から「欠陥弁護士」と認知されたことも偶然ではない。人間のクズのような「カネの亡者」と結託した帰結なのである。

犯罪集団は、スルガ銀行の赤字のうちの半分は懐に入れたはずだ。この犯罪収益の回収こそがスルガ銀行の再生には不可欠であり、そうすることがスルガ銀行の贖罪であり禊であることを自覚して欲しい。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中