1億8200万円をカッパライした洪性模弁護士(大阪)を横領行儀で逮捕 所属会の不作為責任も存在するはず

時事通信は1日付で「弁護士を横領容疑で逮捕=損害金1億8千万円―大阪地検」として以下の記事を配信した。

 

管理を委任した会社が受け取るはずだった約1億8千万円を着服したとして、大阪地検特捜部は1日、業務上横領容疑で韓国籍の弁護士洪性模容疑者(66)=堺市西区=を逮捕した。

 特捜部は認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は2013年5月~14年12月、管理する預かり口座に入金された賃料相当の損害金計約1億8200万円を19回にわたって自分名義の口座に送金するなどして着服し、横領した疑い。

 洪容疑者はパチンコ店などの土地や建物を管理する会社から委任を受け、サブリース業者から振り込まれる賃料相当の損害金を管理していた。 

 

引用以上

 

洪性模弁護士はすでに、約9200万円をカッパライしたとして業務停止3月の懲戒処分を今年に入り受けていた弁護士である。

 

【参考リンク】

約9200万円のカッパライは洪性模弁護士(大阪) これだけカッパライして3か月のお休みですから、のんびりお過ごしの事と思われます

 

弁護士会は、たかだか3月の業務停止でお茶を濁したが、捜査機関は1億8千万円の業務上横領事件としてしっかりと逮捕したわけである。このあたりからもデタラメな「弁護士の弁護士による弁護士のための弁護士自治」の実態が垣間見えるのである。

この事件で起訴されれば、洪弁護士の横領行為の悪質性・常習性と被害金額から鑑みれば実刑判決は免れないと思われる。洪弁護士は、腹を括って、カッパライしたカネを何に使ったのか正直に話して、情状酌量を考えるべきであろう。

しかし、大阪弁護士会は洪弁護士に対する懲戒請求がなされた時点で、この事案の悪質さや横領金額の大きさから、懲戒処分の事前告知を行う必要があったはずである。洪弁護士のような「カネに追われる」弁護士は、着手金欲しさのためにデタラメな言動で、依頼者からカネを巻き上げることも多いのであるから、洪弁護士が懲戒請求がなされたのちに被害を受けた方たちは、大阪弁護士会の「不作為」による被害であると筆者は判断している。

しかし、こんな大金を洪弁護士は一体何に使っていたのであろうか?すべて飲み代であれば、ある意味尊敬はするが、家族などにイイカッコをしていたのであれば、家族は居たたまれないだろう。何にしても洪弁護士は早く自らの行為のすべてを自白するべきであろう。

One thought on “1億8200万円をカッパライした洪性模弁護士(大阪)を横領行儀で逮捕 所属会の不作為責任も存在するはず”

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中