野田聖子の妄言に甘利明の党三役復帰 安倍首相の見識には感心するしかありません。しかし詐欺師のスケを国会議員にしといていいんですかね?

時事通信は2日付で「女性閣僚の減少「心配」=退任会見で注文―野田前総務相」として以下の記事を配信した。

 

野田聖子前総務相は2日の辞表取りまとめ閣議後の記者会見で、第4次安倍改造内閣について「安倍内閣が6年前に復活したときの一丁目一番地は女性活躍だった。(女性)閣僚の数で言うと、減り続けているので大変心配している」と述べた。

 その上で「小じゅうとがいなくなるので、外にいる厳しいことを言う人に耳を傾けてもらいたい」と政権運営に注文を付けた。

 

引用以上

 

詐欺師の片棒を担いで、元暴力団員の夫の意向を受けインチキ仮想通貨「GAKUTOコイン」の件について、無登録での仮想通貨交換業の疑いで金融庁から調査を受けていた企画会社の関係者を同席させたうえで、金融庁の担当者を呼び、庁としてのスタンスなどを説明させていた野田の行動は「圧力」以外の何物でもなく、まさに「チンピラ」の行動である事は疑う余地もない。そんなチンピラ野田聖子が一体「小じゅうと」として何を安倍に言えるのであろうか?あんたは詐欺師のスケだから、安倍から追っ払われた事ぐらい分かるだろうと、同僚の自民党議員は忠告をすべきであろう。デート商法関連のチンピラ詐欺師がタニマチで、元暴力団員の夫がおり、金融庁に圧力をかけるような野田議員を自民党は「除名」し、議員辞職勧告を行うのが当然なのである。マスコミも暴力団からの圧力などを恐れているのかも知れないが、チンピラ詐欺師の片棒を担ぎ国民の財産の侵奪を幇助する野田聖子の悪行を徹底的に叩くべきなのである。

また、今回、あのURへの口利き疑惑で、あっせん利得処罰法で刑事告発もされた甘利明が自民党の選対局長に任じられたそうだ。このURへの口利き疑惑後「睡眠障害」として表舞台から体を躱していた甘利を選対委員長として起用した安倍首相は次回の選挙で自民党の敗北を図るための方策かもしれない。自らの「モリカケ」疑惑、夫人のデタラメ極まりない行動にけじめをつけるために、疑惑の男である甘利を選対委員長に据えて、自民党の大敗北を演出し、自らの退場を企図している安倍首相の見識には感心するしかないが、そこまでの事情を読み切れない国民からの批判は避けることはできないだろう。

野田聖子に甘利明、こんな連中が国政に関与する資格などあるはずもない。次回の選挙では各選挙区の有権者の良識に期待したいものである。

有名弁護士たちが欲望に負けるとき 少女買春をおこなうという弁護士の情報

あるとても立派な大先生が、自分の欲望を満たすために少女買春をしているという情報が筆者に寄せられた。この件は慎重に事実関係の調査を行い、この弁護士が逮捕されるような事になれば実名で公表する予定である。

こんな有名なセンセイでも自らの欲望を、法を遵守することよりも優先してしまうようである。人生を棒に振る事を覚悟して、そんなことをするのであれば、ある意味大したものである。

社会正義の実現を使命とする弁護士が、法を守らず、青少年の健全な育成を阻害する行為を自ら行うのであるから、たとえこのような案件で刑事告訴されて被害者と示談をしたとしても、厳罰をあたえるべきであると筆者は考えるが、弁護士会の性的な不祥事に関する懲戒処分は決して厳しくないのが実情である。

しかし立派で有名なセンセイ方が欲望に簡単に負けてしまうのであるから、このようなセンセイ方は、カネへの欲望にも負けて、犯人隠避とか詐害行為とかを日常的にやっているとも考えるべきであろう。こんな大センセイたちは一般市民にでかい面をして偉そうな能書きたれている事を考えると、社会に垂れ流す害悪は計り知れないものがあると思われる。

こんなセンセイには以下の聖書の言葉を贈りたい(マタイ 23:23)

忌わしいものだ。偽善の律法学者、パリサイ人たち。あなたがたは、はっか、いのんど、クミンなどの十分の一を納めているが、律法の中ではるかに重要なもの、すなわち正義もあわれみも誠実もおろそかにしているのです。これこそしなければならないことです。ただし、他のほうもおろそかにしてはいけません。

これを、この買春弁護士にあてはめると、以下のようになる。

忌わしいものだ。偽善の弁護士。あなたは、税金や弁護士会費は納めているだろうが、法律の中ではるかに重要なもの、すなわち正義もあわれみも誠実もおろそかにしているのです。これこそしなければならないことです。ただし、他のほうもおろそかにしてはいけません。

しかし、なんで簡単に欲望に負けるんですかね。あんたの妻も子供も、そんな事がバレたら泣きますよ、呆れるしかありません。

法律事務所検索・弁護士ポータルサイトによる「事務所丸抱え」非弁事件の増加 絶えず「シノギ」を探す非弁屋の問題点

今回の「街角法律相談所」の非弁問題と同様に法律事務所検索サイトが実際に弁護士を丸抱えして、法律事務所を運営していた事例は以前にもあった。

 

【参考リンク】

「非弁屋の使用人」吉村亮子弁護士(千葉)業務停止3月の懲戒処分 背後の元ヤミ金融関係者と九州に移転した弁護士法人ひいらぎ綜合法律事務所

 

この吉村弁護士も、「非弁屋」に飼われ、結局は使い捨てされたわけであるが、このような例は後を絶たない。最近は、HIROKENのように「直営事務所」に誘導するために法律事務所検索サイトを運営する業者も多く、「過払い」市場が縮小した現在は、「B型肝炎」「交通事故」「詐欺被害回復」など、必死に「シノギ」を非弁屋は模索しているのである。

このような「シノギ」あさりの問題点は、日常的に行われている「預り金」の使い込みの補てんのための「自転車操業」の原資の獲得にある事である。チンピラ詐欺師上がりの非弁屋の多くは、日常的に「預り金」の使い込みをしている。(そうですよね、エイワ上がりの竹川くん)

そんな連中たちは、事務所の預り口に入ってきた金を自分のカネと勘違いして、浪費してしまうのである。これでは、依頼者は浮かばれないだろう。

このような預り金「カッパライ」のために、広告を出したり、立派なウェブサイトを製作するのが、非弁屋なのである。このような手法と行動は、特殊詐欺師となんら変わりがない事が理解できる。非弁屋の多くは、ヤミ金あがり、サラ金上がり、詐欺上がりが多いのである。

各単位弁護士会の非弁取締委員会は、しっかりと寄せられた非弁情報を分析し、指導監督連絡権を行使して実態の解明と、被害抑止を行うべきなのである。