実質的に犯罪を幇助する「カネの亡者」の弁護士・司法書士 悠長な懲戒制度ではなく即時に資格を停止できる制度の制定を

海喜館地面師事件においても、ボンクラなのか目先のカネに目がくらんだ弁護士が地面師らの意向を受けて代理人に就任したり、本人確認情報の作成を行ったようである。APAホテルが騙された地面師事件では司法書士の亀野裕之が逮捕されている。このように犯罪集団に直接加わったり、とぼけて報酬欲しさに犯罪行為を見逃す資格者が多いことから、地面師犯罪をはじめとした詐欺事件が無くならない事も事実なのである。

海喜館事件においては小林興起の事務所が利用されたようであるが、小林先生の周囲には以前から特殊詐欺集団や仕手師の影がチラチラしていた。直接の犯罪に関与していないので小林先生が罪に問われることは無いだろうが、感心しない行為であることは間違いない。

小林先生は議員でもない「タダの人」なのであるが、知名度があるので詐欺師連中には利用価値があるのだと思われる。そんな連中から、こぼれる銭で糊口を凌いでいるのかもしれないが、少しは恥を知るべきであろう。

元議員と比べ物にならないぐらい、社会に害を与えるのが犯罪集団と結託した弁護士・司法書士である。

元弁護士の吉永精志・小林霊光は、常習犯罪者として寸借詐欺から地面師事件まで顔を出し、取り込み詐欺の連中の上前をはねて時間稼ぎをしたりすることがシノギであった。こいつらが名前を使っていた、保持清・諸永芳春らはいずれも弁護士業界から去ってしまったことから、都合よく使える弁護士がいないのが現状であろう。筆者に寄せられている情報では事務所を持たず、深夜のファミレスで打ち合わせをする若手弁護士などに、実際の吉永案件が回っているとの話もある。いずれにしても、一度弁護士資格を喪失したような連中と結託する弁護士などは即座に資格を停止できるようにしなければ、被害者が増加するだけなのである。

司法書士にしても、暴力団関係者で殺人も厭わなかった事件屋「後藤」の意を受け伊勢原つゆきビルの登記を自らの手を汚さず、実質的に関与した須藤大先生などは「社会の害悪」でしかない事は確かであろう。自分自身を大天才と思っている須藤大先生だが、この伊勢原事件では同じく事件屋の國井洪との争いに敗北し、銭にならなかったのである。また自ら理事長を務めていたNPO法人障害者フルライフサポートユーリカは、グループホーム入居者からの金銭のカッパライや、従業員らへの給与未払いで指定障害福祉サービス業者の事業許可を取消されているのである。

 

【参考リンク】

 指定障害福祉サービス事業者の指定取消について

 

まぁ、このようなメンタリティの人たちは「カネ」以外は全く信用しないだろうし、趣味も何もなく「カネ」だけが生きがいなのであるから、どんなことをしてでも「カネ」になりさえすれば良いと考えているのである。地面師やその周辺者らも同様であり、「浪費」によって自己を誇示し、いい年になっても頭を金髪にしたりして「チョイ悪」感を出して韓クラに通いつめバカさ加減を周囲にアピールするのである。

ミダス王の呪いなど、このような「カネの亡者」らが理解することなど無いだろう。目先のカネのためならば何でもするのが、「カネの亡者」に憑りつかれた資格者だから、特殊詐欺の片棒を担いだり、犯罪組織の意を受け被疑者・被告人に実質的な「脅迫」を行うのである。

このような「品位」「品性」に欠ける「カネの亡者」の資格者らを一掃できる制度を策定することは必須であろう。「自治」では到底、「カネの亡者」には対抗できない事は明らかであるからだ。

“実質的に犯罪を幇助する「カネの亡者」の弁護士・司法書士 悠長な懲戒制度ではなく即時に資格を停止できる制度の制定を” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中