「傷ついた」と苦情を言えば通ってしまう恐ろしい社会 岡口裁判官に分限裁判で戒告処分

 

朝日新聞デジタルは17日付で「最高裁の判断はいい加減」 戒告処分の岡口裁判官」として以下の記事を配信した。

 

最高裁による分限裁判で戒告処分を受けた東京高裁の岡口基一裁判官は17日夜、東京・霞が関で記者会見し、「最高裁を信じていたが、こんないい加減な事実認定で判断をするとは思わなかった」と述べた。

 岡口氏は実名でツイートをする珍しい裁判官として知られ、判例など司法関連の話題を積極的に発信してきた。その一方で、縄で縛られた上半身裸の男性の写真などの投稿や、女性が殺害された事件の裁判に関する投稿で、2度の厳重注意処分を受けていた。

 分限裁判の審問手続きは9月11日に非公開で開かれ、岡口氏は「懲戒権を発動すれば『表現の自由』を侵害し、裁判官の独立を脅かす」と主張。投稿が「裁判官としての意見ではない」としたうえで、訴訟当事者の感情が傷つけられたとの直接的な証拠もないとして、「懲戒に相当する行為ではない」と述べていた。

 

引用以上

 

要件事実マニュアルの著者である岡口裁判官からすれば、このような決定は到底受け入れられないものであろう。要件事実を元に判断した内容でなく、裁判所の統制と感情論でしか判断されていない「戒告」処分など「いい加減」というしかないだろう。

しかし、投稿で「傷ついた」などという事で分限裁判が申立てされることが筆者には信じられない。岡口裁判官のツイートは、岡口裁判官がすでにほかの報道で紹介されている内容を要約しただけであり、「傷ついた」人たちは、その報道機関に対して法的措置を取るべきであろうと思われる。最高裁が「裁判官に対する国民の信頼を損ね、裁判の公正を疑わせるものがあった」と判断したことは筆者にも全く理解できない。なぜ岡口裁判官のツイートが裁判官に対する国民の信頼を損ね、裁判の公正を疑わせるのか理解できる人は果たしているのか疑問である。

まぁこの分限裁判で裁判官が広く国民に情報発信をすれば「裁判の公正を疑わせる」「訴訟当事者が傷ついた」と判断したのであれば、今後は裁判官には表現の自由は制限されるという事であろう。裁判官志望者は良くこの事実を頭に入れておくべきである。

しかし裁判官の仕事というのは大なり小なり訴訟当事者を傷つけるものではないんですかね?判断を下すという事は、当たり前だが自分に有利でない判断を下された側は傷つくものなのではないでしょうか?そんな事まで配慮しなければならないのであれば司法制度など無用であろう。筆者は「傷つく」とか言う輩が大嫌いである。無傷で人間生きていけるわけでもないし、理不尽な仕打ちを受けて「傷ついた」と言っていても何も変わる事はないからである。

しかし裁判所が訴訟当事者から「傷ついた」と言われれば、こんな分限裁判を申立てしてしまうのだから、裁判所の判断が気に入らない訴訟当事者たちは判決を下した裁判官らに「判決に記載された裁判所の判断という部分に大いに傷ついた」として裁判所に苦情を申し立てるべきであろう。そんなときに裁判所がどんな対応をするか、是非とも筆者に報告を頂きたい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中