五反田海喜館事件で地面師らを逮捕 関与した専門職らの追及は絶対に必要

朝日新聞デジタルは16日付で「「地面師」を逮捕 積水ハウス土地取引で偽文書行使容疑」として以下の記事を配信した。

 

大手住宅メーカーの積水ハウス(大阪市北区)が約63億円を支払った東京都内の土地取引で、警視庁は16日、偽造した書類を使ってこの土地の登記を変更しようとしたとして、東京都足立区、職業不詳羽毛田正美(はけたまさみ)容疑者(63)ら数人を偽造有印私文書行使と電磁的公正証書原本不実記録未遂の疑いで逮捕した。計12人の逮捕状を取っており、順次、逮捕する方針。捜査関係者への取材でわかった。

 同庁は、羽毛田容疑者らが土地所有者になりすまして業者から代金をだまし取る「地面師」グループだったとみて調べる。主導役の一人とみているカミンスカス操(みさお)容疑者(58)は先週、海外に逃亡しており、行方を捜査している。

  捜査関係者によると、逮捕容疑は、共謀して昨年6月1日、東京都品川区西五反田2丁目の旅館の跡地約2千平方メートルを所有する女性(当時72)になりすまし、所有者の名義を女性から別の不動産会社に変更する登記をするため、偽造の委任状を東京法務局品川出張所に提出したというもの。

  積水ハウスは分譲マンション用地として土地の取得を計画し、同年4月24日、都内の不動産会社を通じて所有者になりすました女と約70億円の売買契約を締結。同日に手付金約14億円、6月1日には女らが同社から分譲マンションを購入するとして相殺された約7億5千万円を除く約49億円を代金として支払った。警視庁は、女が羽毛田容疑者とみている。

  積水ハウスは6月9日に所有権移転の登記申請をしたが書類が偽造されていたため法務局に却下され、土地は取得できなかった。土地は現在、女性の親族が相続している。

  同社はこの土地取引で約55億5千万円の特別損失を計上。当時会長の和田勇氏(77)と、取引に関わった当時社長の阿部俊則・現会長(66)が対立し、和田氏は今年1月の取締役会で事実上、会長を解任された。

 

引用以上

 

 この事件の主犯格は小山操(今は、カミンスカス操というそうだ)であり、すでに海外逃亡しているそうである。この小山は悪徳ワンルーム屋とも結託しロクでもない事を行っていた事でも有名である。悪徳ワンルーム屋も実際には投資詐欺と変わりがないのであるから、このような地面師とも親和性は高く「カネの亡者」として結託することは当然であると思われる。

この事件には土井淑雄も絡んでおり、こいつらが舞台装置を整えて「役者」として今回逮捕された羽毛田正美が起用されたという事であろう。ちなみに羽毛田容疑者は他の地面師事件にも「役者」として登場しているとの情報も寄せられているが、いまのところ真偽は筆者にはわからない。

多くの地面師事件には弁護士・司法書士もしくは弁護士崩れや司法書士崩れが関与している事は何度もお知らせしている。大がかりな地面師事件に関与し逮捕起訴された亀野裕之司法書士や、元弁護士の犯罪常習者である吉永精志などが代表例であろう。こんな連中が、地面師と結託し、その知識を悪用し国民の財産をかっぱらうのであるから、その罪は重いだろう。もちろん、土井や小山に厳罰を下すべきであろうが、資格者・元資格者に更なる厳罰を与えなれば地面師犯罪の抑止にはならない筈である。

中には大天才の司法書士も世の中にはおり、絶対に自分の手を汚さずに「カネに追われた」高齢司法書士に登記処理をさせ事件屋からカネをふんだくるような事を業としているのである。この大天才は伊勢原つゆきビルの件にも関与し、暴力団と結託したり非弁行為を繰り返している犯罪常習者のダダ乗り野郎である。こんな連中を根絶やしにするためには捜査機関の地道な努力が必要なのである。今回の海喜館事件の捜査に進展に大いに期待したい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中