江口大和弁護士(第二東京)を犯人隠避教唆容疑で逮捕 所属事務所のウェブサイトはさっそく江口弁護士の紹介を削除しています

産経新聞は16日付で、「死亡事故の男に虚偽供述させた疑い、江口大和弁護士を逮捕」として以下の記事を配信した。

 

無免許で死亡事故を起こした男に車の所有者に捜査が及ばないよう虚偽の供述をさせたとして、横浜地検は15日、犯人隠避教唆の疑いで、第2東京弁護士会所属の弁護士、江口大和(やまと)容疑者(32)=横浜市神奈川区=を逮捕した。また、同容疑で車を所有していた小林太紀容疑者(26)を、犯人隠避容疑で佐藤孝哉容疑者(22)をそれぞれ逮捕した。

 捜査関係者によると、事故は平成28年5月12日夜、横浜市泉区の路上で発生。小林容疑者の車を借りて無免許運転をしていた佐藤容疑者が電柱に衝突し同乗していた男性を死亡させたとされる。江口容疑者は佐藤容疑者に虚偽の供述をさせ、小林容疑者に捜査が及ばないよう働きかけた疑いが持たれている。

 関係者によると、江口容疑者は刑事事件のコメンテーターとしてテレビ番組に出演するなどしていた。

 

引用以上

 

 江口弁護士は被疑者・被告人の為でなく、一緒に逮捕された連中の利益のために刑事弁護活動をしたということで、犯人隠避容疑で逮捕となったそうだ。こんな事を行う弁護士は多く、特に特殊詐欺事案において多く見受けられる。刑事弁護の精神を理解しない「カネの亡者」の弁護士と、犯罪集団の利益が一致するので、このような事例が頻発するのである。

江口弁護士は司法修習66期の若手弁護士であり、弁護士登録約5年にして逮捕されてしまったのである。現在の江口弁護士の登録情報は以下のとおりであるが、すでに所属事務所のウェブサイトからは江口弁護士の経歴などは削除されている。

 

登録番号          49752             弁護士会 第二東京

氏名かな          えぐち やまと

氏名                江口 大和

性別                男性

事務所名          石川法律事務所

郵便番号          〒 1040042

事務所住所       東京都 中央区入船3-10-8 寿ビル3

電話番号          03-6280-5344

FAX番号          03-6280-5345

 

【参考リンク】

 石川法律事務所

 

この事務所は第二東京弁護士会所属の若手らが設立した事務所のようだが、江口弁護士も登録当初は別の法律事務所に所属し、国選弁護などにも積極的に取り組んでいたとの情報もある事から、ある時期からこの事務所に移籍したと思われる。報道にあるように、最近はテレビ番組などに出演していたそうだが、この事件が終了した後には是非ともテレビカメラの前で真実と心境を述べていただきたいものである。

江口弁護士は接見に訪れることはあっても、自分が中に入る事はないだろうと思っていた留置場で何を思っているのであろうか?この事件が不起訴などとなったとしても、江口弁護士の今後の弁護士活動は極めて困難であろうと思われる。

所属の第二東京弁護士会は、しっかりとこの事件についての声明を国民に公表し、会としても江口弁護士の弁護活動に問題がなかったのかを検証すべきであろう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中