村越仁一弁護士(第二東京)が、笠井浩二の以前の登録先住所に登録を移転し「GOOD法律事務所」を開設しています

振り込め詐欺の取りまとめ役や、腐ったチンピラたちから勾留中の被疑者・被告人に対して「口裏合わせ」や「完黙指示」を平然と行う事で評価が高い村越仁一弁護士は過去に四回もの懲戒処分を受け、ご自身が代表社員を務めていた弁護士法人モントローズ法律事務所は現在清算処理中である。

 

【参考リンク】

村越仁一弁護士(第二東京)が代表であった現在清算中の弁護士法人モントローズ法律事務所の登記上の住所は笠井浩二弁護士(東京)が弁護士登録を行っている住所です

 

この村越弁護士だが、笠井浩二が「御苑法律事務所」を開設していた、東京都新宿区新宿二丁目9番23号SVAX新宿ビルB館9階に弁護士登録を移転し、「GOOD法律事務所」を開設していたことが明らかになった。

なにが「GOOD」なんだか全く分からないが、この場所に来るという事は消費者金融エイワに在籍する本田が村越弁護士を「飼って」いることは間違いないだろう。

この場所では過去には山本朝光(故人)や佐々木寛(除名)などが登録を行っており、エイワの本田が行う着手金詐欺の舞台となってきた事務所であり、村越弁護士も「カネに追われて」本田のカネにつられて、この場所に流れ着いてきたものと思われる。

第二東京弁護士会は、過去の経緯や村越弁護士がすでに4回も懲戒処分を受けている事を鑑みて、この事務所を指導監督連絡権に基づき調査を行うべきであろう。この事務所にいるのは間違いなくチンピラと詐欺師でしかない連中であるのだから(村越も含めて)、こんな事務所を放置すれば国民に害をなすことは明白である事からも、早く「取り潰し」を図るべきなのである。

こんな職業犯罪者の利益を守り、ともに犯罪収益を貪る弁護士など「社会正義の実現」を阻害するばかりでなく、社会の害悪でしかない事は明らかだ。今後も筆者は村越弁護士を注視し、読者に報告していくつもりである。

One thought on “村越仁一弁護士(第二東京)が、笠井浩二の以前の登録先住所に登録を移転し「GOOD法律事務所」を開設しています”

  1. 同じく2弁の弁護士が逮捕です。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00000502-san-soci

    引用

    無免許で死亡事故を起こした男に車の所有者に捜査が及ばないよう虚偽の供述をさせたとして、横浜地検は15日、犯人隠避教唆の疑いで、第2東京弁護士会所属の弁護士、江口大和(やまと)容疑者(32)=横浜市神奈川区=を逮捕した。また、同容疑で車を所有していた小林太紀容疑者(26)を、犯人隠避容疑で佐藤孝哉容疑者(22)をそれぞれ逮捕した。

     捜査関係者によると、事故は平成28年5月12日夜、横浜市泉区の路上で発生。小林容疑者の車を借りて無免許運転をしていた佐藤容疑者が電柱に衝突し同乗していた男性を死亡させたとされる。江口容疑者は佐藤容疑者に虚偽の供述をさせ、小林容疑者に捜査が及ばないよう働きかけた疑いが持たれている。

     関係者によると、江口容疑者は刑事事件のコメンテーターとしてテレビ番組に出演するなどしていた。

    引用終わり

    2弁って、目立ちだかりが多く、犯罪者も多いんですよね、しかも安っぽい社会正義だとか
    安保法反対とか、安っぽい影響力がないことをしたがるんですよね。

    宮本智弁護士を懲戒処分できない、2弁は弁護士会としての存在意義がないと私は思いますね。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中