東京高裁長官を職権濫用罪で告発した美和勇夫弁護士らの正義感と勇気 弁護士はかくあるべきでしょう

岡口基一裁判官のブログに、「東京高裁長官が職権濫用罪で告発された件」として、以下の記事が掲載されていた。

 

【参考リンク】

 東京高裁長官が職権乱用罪で告発された件

 

この記事のリンク先に東京高裁長官を告発した弁護士の一人である美和勇夫弁護士の「弁護士日記」が掲載されており、ユーモアを交えながら、今回の岡口裁判官への分限裁判の申立がいかに理不尽であり、表現の自由を侵害する違法行為であるのかを解説したうえで、公務員職権濫用罪が成立する事案であることを述べている。

美和弁護士の述べるとおり、ブラック企業や暴力団関係者の田中理事長が牛耳る日大のように東京高裁長官が密室でパワハラや脅しを行う事はまともな事では無いだろう。

しかもチンピラではなく、学識もあり常識も併せ持ち法律知識も豊富な東京高裁の長官が行った行為なのだから、罪深いとしか言いようが無い。

また、この問題を積極的に報道しない大マスコミにも大きな問題があるだろう。この問題は、岡口裁判官の個人的な問題だけではなく、表現の自由に係わる大問題であり、裁判所の統制の為だけに、無理筋で行っている分限裁判でしかない事をしっかりと報道することが国民の利益にもつながるはずだと筆者は考えているが、大マスコミはそうは思わないらしい。詐欺師の片棒を担ぐ野田聖子議員のインチキ仮想通貨の問題も、なぜかマスコミは大きく取り上げない。何かしらの「忖度」をマスコミが行っているのであれば恥を知るべきであろう。

わずかなアクセス数しかない当サイトであるが、美和弁護士らの正義感と勇気を称賛し、東京高裁長官が刑事告発されている事実を少しでも多くの国民に知ってほしいと思い、岡口裁判官のブログ記事をリンクしたものである。

目先にのカネに転ぶ弁護士や、平然と犯罪行為を幇助したり少女買春を行うような弁護士もいる中で、美和弁護士らの今回の行動は「社会正義の実現」を使命とする、弁護士らしい行動であると筆者は考えている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中