嫡出否認違憲訴訟 高裁も一審判決を支持し控訴棄却 乱倫社会は果たして国民の幸福に寄与するのか?

時事通信は30日付で『「嫡出否認」二審も合憲=民法規定に「一応の合理性」―女性側の控訴棄却・大阪高裁』として以下の記事を配信した。

 

 生まれた子との父子関係を否定する「嫡出否認」を夫だけに認める民法の規定は男女平等を定めた憲法に違反するとして、神戸市の60代女性と長女、孫2人が国に計220万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が30日、大阪高裁であった。

 江口とし子裁判長は規定について「一応の合理性がある」として合憲と判断、請求を認めなかった一審神戸地裁を支持し、女性側の控訴を棄却した。女性側は上告する方針。

 江口裁判長は「嫡出否認権を行使できないで、大きな不利益を受けることもありうる。妻や子に否認権を認めても不合理とならない」と言及。しかし、「認めるかどうか、どのような制度とするかは、国会の立法裁量に委ねられるべき問題」と指摘した。

 その上で「妻や子に否認権を認めることで無戸籍となるのを防げるのは一部にすぎない。戸籍、婚姻、嫡出推定など家族をめぐる制度全体の中で解決を図るべきだ」と述べた。

 一審判決などによると、女性は約30年前、元夫の暴力を理由に別居し、離婚前に別の男性との間に長女を出産した。しかし、婚姻中に妊娠した子は夫の子と推定する民法の規定のため、男性を父とする出生届は受理されなかった。

 女性は元夫との接触を恐れ、嫡出否認の訴えを起こしてもらうことを断念。長女とその子である女性の孫2人は2016年まで無戸籍だった。裁判では「国会が規定を改正していれば、妻や子が訴えを起こすことで、無戸籍にならなかった」と主張していた。

 一審判決は17年11月、夫だけに嫡出否認を認める規定は「子の利益の確保を強固なものとしており、合理性を肯定できる。憲法に違反しない」と判断した。

 

引用以上

 

極めて妥当な判決であり、子の利益の確保のための合理性があるのであるから当然の判断である。どんな理由があろうと、離婚してから子作りをすれば何の問題もない話であり、「乱倫社会」の帰結として無戸籍の子供が発生してしまうのは江口裁判長の言うとおり特殊なケースであり、家族制度を巡る法律全体の中で考えるべき課題なのである。

国会が規定を改正しろとかいう前に、無戸籍の子供の両親に自制心があれば、こんな問題は起きない事は当たり前の事であり、男女平等とはかけ離れた話なのである。

乱倫社会は、果たして当事者を幸せにするのかを、よく弁護士も考えるべきだろう。不貞関係の当事者らは一時的には幸せかもしれないが、その陰で配偶者や子供たちに多大な負担と悪影響を与えている事から考えれば、自分の行動も顧みずに徒に権利主張を行うことは到底適切とは筆者には思えない。自由恋愛といえば聞こえはいいがそれでは動物と一緒である。恋愛至上主義は余りにも短絡的な思考回路であり、その結果として当事者2人で心中でもするのであれば勝手にして欲しいが、周囲の人間に迷惑を掛けるような自己陶酔の恋愛は社会的な害悪でしかないのである。

理性があるからこそ人間であることを、しっかりと誰もが認識することが「乱倫社会」を防ぐ手立てである事を国民すべてが自覚するべきであると筆者は考える。

One thought on “嫡出否認違憲訴訟 高裁も一審判決を支持し控訴棄却 乱倫社会は果たして国民の幸福に寄与するのか?”

  1. 女性が暴力を振るう夫に喜んで身体を開いていたというシチュエーションしか思いつかないとしたら、想像力の欠如もいいところでしょう。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中