柴田収弁護士(岡山)に業務停止1月の懲戒処分 依頼者の要望に迎合する弁護士の増加

KSB瀬戸内法放送は「離婚事件の交渉で…弁護士を1カ月業務停止処分」として以下の記事を配信した。

 

岡山弁護士会は会員の38歳の男性弁護士を、1カ月の業務停止の懲戒処分にしたと発表しました。

  懲戒処分を受けたのは、岡山弁護士会に所属する柴田収弁護士(38)です。

  柴田弁護士は担当した2件の離婚事件で2015年と2016年、依頼者らとともに相手の不貞現場に行き、現場を押さえました。

  その後、岡山市のファミリーレストランで相手に対し、すぐに離婚に応じなければ法的手続きをとると告げ、その場で離婚届や離婚協議書などに署名押印させました。

  岡山弁護士会は相手に法律の知識がない中、交渉したのは公正さに欠けているとして、8月17日に業務停止1カ月の処分を言い渡しました。

 

引用以上

 

柴田弁護士は行動力のある弁護士のようである。わざわざ不貞の現場に乗り込むような事は弁護士が直接行う事はまずないのであるが、この不貞現場への参上が、依頼者の希望であったのであれば、依頼者の希望に忠実である弁護士とも言えるだろう。

しかし交渉場所がファミリーレストランというのは問題であろう。このような話をするにあたり適切であるとは思えないし、他の来客者や店員などに話が筒抜けになる恐れもあり、軽率であることは間違いないだろう。

弁護士は、依頼者の希望に忠実でなければならないのは事実であるが、その手法などにおいて弁護士の品位を汚す様な事があってはならないはずだ。乗り込んで、「離婚届に判を押せ、押さなきゃ法的措置を執るぞ」と申し向けるような行為は、どう考えても弁護士が行うような行為ではないだろう。

このような行為の背景には弁護士の依頼者への迎合が進んでいる事をにあると筆者は考えている。無理筋の事件や無茶な要望でも、「お客様ファースト」で受任をする弁護士が増加している事で、弁護士間の問題解決の大前提である、法的な検討や要件事実の精査などが行われない事が増加しているのである。

弁護士は、法律の専門家として無理筋の事件や、依頼者のデタラメな要望などを受け入れて行動するべきではない事は当然である。しかしながら司法制度改革の失敗と、「カネに追われた」弁護士の増加で、弁護士としての倫理も矜持も持たない者が増加した現在は「カネの亡者」と化した弁護士も増加している事も事実だ。依頼者の方はあまりにも自分の主張に迎合する弁護士には注意をするべきであることを筆者はアドバイスしたい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中