日大第三者委員会は予定通り、内田・井ノ口の切り捨てで悪の元凶である暴力団の密接交際者田中理事長の責任追及を避ける 内田さん、井ノ口さん田中の悪事を全部暴露して事実を明らかにしてください!

日刊スポーツは30日付で「日大田中理事長は説明責任を 第三者委報告書要旨」として以下の記事を配信した。

 

日大がアメリカンフットボール部による悪質タックルの再発防止策の調査、検証する目的で設置した第三者委員会(委員長、勝丸充啓弁護士)が30日午前、日大に最終報告書を提出した。

 第三者委員会の最終報告書の要旨

 1本件事案を招いた背景、原因について

<1>内田氏の独走体制下での、日大アメフト部の指導方針・内容

 指導方針において学生スポーツ本来の在り方が失われていたこと。選手の主体性が考慮されていなかった。

<2>事実調査の適正性の欠如

 当時理事であった井ノ口氏や日大職員によって関係者に対する口封じという重大な隠ぺい工作が行われており、日大による事実調査の体制等に大きな問題があったことは明らかである。

 ア 事実調査の基本的姿勢や体制が不適切かつ不十分であったこと

 イ 事実調査の方法が厳密、公正さを欠き、不正・不当な介入を許すものであったこと。

<3>対応措置の実施が遅延し、その内容もずさんであったこと

 日大としての対応は、本件試合後、約10日を経過してからのことであり、その間、当事者である内田氏の意向を反映した日大アメフト部によるずさんで不適切な対応を放置し、結果として日大職員による口封じ工作をも許し、それに対する適切な措置も講じていなかった。また、第三者委員会の設置方針を決めてからも、記者会見を主催して内田氏及び井上氏の一方的な弁解を世間に喧伝したため、日大に対する一層の信頼低下を招き、さらに傷口を広げる一方で、両氏に対する刑事事件の弁護費用を日大が負担するという常識外れな発想まで持ち合わせていた。

<4>広報の在り方も適切さを欠いていたこと

 本件においては、試合映像が間もなくネット上で公開、拡散されて多くの人の注目を集めるとともに、マスコミの報道も熱を帯びる中で、日大ひいてはそのブランドイメージが悪化の一途をたどっていった。日大においては、しっかりとした説明責任を果たし、信頼の回復に努めるべく、適切な広報に務めるべきだったが、事後対応に適切さを欠いた。

<今後について>

今後はスポーツマンシップの精神にのっとり、フェアプレーを重んじ、対戦相手に対するリスペクトを欠かさない、真の意味で「強く、たくましいチーム」「フェアプレーのお手本となるチーム」を目指し、再生していかれることを期待してやまない。

 再建は内田氏や井ノ口氏らの影響力を完全に排除した状態で行われなければならない。新監督の「選考委員会」には、新しい監督、コーチに対し、内田氏らの影響力はもとより、勝利至上主義に基づく不当な外圧が及ばないように監視されることも臨む。

 日大としては、学校法人としての社会的責任を深く自覚し、ガバナンスの適正化を実現し、早期に社会の信頼を回復すべく、関係者一同総力を挙げて取り組んでいただきたい。 再生の一歩を踏み出すにあたり、日大を代表し、その業務を総理する(田中)理事長において、今回の一連の出来事を顧みて反省すべきところについて、責任者としての反省声明を発表するとともに、説明責任を果たし、今後は、学生ファーストの大学運営を行う旨の宣言をすることを強く望む。

 

引用以上

 

日大第三者委員会の報告を受け、内田前監督と井上前コーチは日大に懲戒解雇されたそうだ。暴力団と交際しその「暴力」を行使することを背景に日大を支配してきた田中理事長の「忠臣」であった内田と井上は首にされ、田中理事長の悪事を幇助してきた井ノ口も糾弾される事態となったが、この日大第三者委員会は田中理事長が「反省」するだけでよいという理不尽な結論でお茶を濁したのである。

内田・井上・井ノ口が、このような関係者に対する口封じを行った事は、田中理事長の指示はなくとも、その意を受けてやったことは確実であろう。内田・井ノ口は田中理事長の子飼いとして日大の理事に上り詰めた連中である。田中理事長の顔色をみて仕事をしていたのは当然であり、アメフト部における「反則タックル」の指示も、暴力的な体質も全て田中理事長の影響ともいえるのではないかと筆者は判断している。

日大第三者委員会は、内田・井上・井ノ口を批判することで田中理事長を守ったのである。しかしながら、このような「常識外れ」の判断は、一層田中理事長批判に油を注ぐ効果しかないだろう。

情報誌FACTAには以下のような電話があったと同誌は報じている。

 

「敬天新聞の関係者が昨日、金属バットで半殺しの目に遭ったのをご存じですか、日大の関係で。お宅も記事をやっているようだから、山口組のこととか書くと、同じような目に遭いますよ。忠告しておきます」と言うと、電話が切れた。

引用元 https://facta.co.jp/article/201807041.html

 

 この「警告」は、当たり前だが日大田中理事長と暴力団の記事を書けば襲撃も辞さないという恫喝の為であることは誰にでも分かる事である。このような恫喝を行う理由があるのは、暴力団か田中理事長しかいないのであるが(愉快犯の可能性は否定しないが)今回のアメフト部の「殺人タックル」問題で世論を敵に回した、田中理事長とその支配の源泉の暴力を司る暴力団も、さすがに今回は全ての日大を批判するマスコミを襲撃するわけにもいかないだろう。しかし、日大問題を報じるマスコミらは絶えず「暴力」におびえなければならないのも事実である。こんな教育機関を放置して良いはずがなく、第三者委員会は本当に日大の第三者なのであれば、田中理事長の監督責任や、いびつな大学の運営体制、最近もあった田中理事長の「報復人事」などから、大学から田中理事長を追放しなければ日大の正常化などなされない事を指摘しなければならなかったはずである。

内田・井上・井ノ口からしたらまさに「狡兎死して走狗烹らる」を地で行かれたわけである。田中理事長の悪行を全て、あんたらが暴露する時期だという天の声である事に気付いてほしい。徹底的に日大のすべての膿を出すべく、この三人には日大田中理事長と暴力団の深い癒着や、不適切なカネの流れについて全てを暴露し、幾分かでも名誉の回復を図ってほしい。

そして文部科学省は、日大への私学助成金の支給を停止し、腐敗しきった田中体制に引導を渡すべきであろう。また何よりも、日大の学生・職員・OBの方々には暴力団と密接に交際する田中理事長を大学から追放すべくできる限りの運動を行ってほしい。日大という名門大学が田中というチンピラに良いように支配されている事は日大関係者にとっても許せない事であると思われるからである。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中