ツイッターへの投稿で岡口裁判官の懲戒を申し立て 裁判官に言論の自由は無いのか?

朝日新聞デジタルは24日付で「ツイッターで不適切投稿 岡口裁判官の懲戒を申し立て」として以下の記事を配信した。

 

個人のツイッターで不適切な投稿をしたとして、東京高裁は24日、高裁民事部の岡口基一裁判官(52)について、裁判官分限法に基づき、最高裁に懲戒を申し立てた。高裁への取材でわかった。最高裁が今後、分限裁判を開き、戒告や1万円以下の過料などの懲戒処分にするかどうかを決める。

 岡口裁判官は1994年任官し、2015年4月から現職。自身のツイッターに上半身裸の男性の写真などを投稿したとして、16年に高裁から口頭で厳重注意処分を受けた。今年3月にも、裁判所のウェブサイトに掲載されていた事件の判決文のリンク先を添付して投稿し、遺族側から抗議を受けて文書による厳重注意処分となっていた。ツイッターは現在凍結され、発信できない状態になっている。

 

引用以上

 

岡口裁判官の投稿は示唆に富む内容も多いが、読む人にとっては感情を害する内容もある事も確かである。しかしながら、岡口裁判官にも言論の自由は保障されるべきであることは間違いない。

彼の著作の「要件事実マニュアル」などは、岡口裁判官の真摯な仕事が理解できるものであり、岡口裁判官は極めて真剣に要件事実教育の重要さを説いており、自分自身の確固たる信念と哲学を持っていう稀有な裁判官である。

個人として発信した情報について、裁判官分限法により懲戒を申し立てることが適切であるとは筆者には思えない。自分だけがエライ、頭がいいと考え、一般人を見下すような裁判官も少なくない中で、岡口裁判官の真摯な裁判への姿勢は評価されることはあれ懲戒の対象にするような案件ではないと筆者は考える。

何度かの厳重注意処分を受けても情報発信を中止しない岡口裁判官には確固たる信念があるのであろう、分限裁判でどんな処分が下されようと今後も情報発信を行ってほしいものである。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中