村越仁一弁護士(第二東京)が代表であった現在清算中の弁護士法人モントローズ法律事務所の登記上の住所は笠井浩二弁護士(東京)が弁護士登録を行っている住所です

昨日も村越仁一弁護士(第二東京)の懲戒処分の要旨をお伝えし、弁護士法人モントローズ法律事務所は同弁護士が唯一の社員であったために今年3月の懲戒処分を受けたために、社員の欠乏を理由に現在清算中であることもお知らせした。

 

【参考リンク】

4度目の懲戒処分を受けた村越仁一弁護士(第二東京)の懲戒処分の要旨 こんな弁護士を放置することは社会に害をなすだけです

 

この村越弁護士が唯一の社員であった弁護士法人モントローズ法律事務所が、村越弁護士が懲戒処分を受ける直前の平成30年3月1日付で、現在村越弁護士の弁護士登録のある東京都千代田区岩本町1-3-2 日伸ビル7階から東京都新宿区新宿二丁目9番23号SVAX新宿ビルB館9階に登記上は移転している事が判明した。

弁護士法人モントローズ法律事務所

 

このモントローズ法律事務所の日弁連における登録は以下のとおり、東京都千代田区岩本町1-3-2 日伸ビル7階であり、法人登記を移転しながらも弁護士登録の住所は変更していないという事である。しかしながら、すでに同法人は清算状態であり清算人として大川原榮弁護士が選任されている事態から考えれば、清算人の大川原弁護士は何故に清算中のモントローズ法律事務所の事務所登録の変更を行わないのか公表して欲しいものである。

モントローズ

当ブログの読者の方は既にお気づきだろが、登記上のモントローズ法律事務所の所在地は、村越弁護士の上を行く有名欠陥弁護士の笠井浩二弁護士(東京)の「御苑法律事務所」の所在地である。この笠井弁護士がこの事務所に移転する前には亡くなった山本朝光弁護士(東京)が事務所を構えており、日常的に消費者金融エイワに勤務する薬物中毒者の本田が詐欺的な業務を行わせていたものであり、今年3月に東京弁護士会より「除名」処分を受けた佐々木寛も本田に「飼われ」、詐欺の被害者の「カモリスト」を元にした着手金集めの手先として本田に利用されて、一度はこの住所地に弁護士登録を移転した事実も存在するのだ。

このいわくつきの場所に、村越弁護士が懲戒処分を受ける直前に移動した事にはどのような意味があるのか考えてみたが、筆者には理由が思い浮かばないが、法人の存続のために笠井弁護士を社員として加入させようとした可能性もあるだろう。法人の清算を避け弁護士会の介入を避けるための方策であったが、笠井弁護士と村越弁護士とエイワの本田の間の折り合いがつかなかったということだと推測される。

いずれにしても第二東京弁護士会は、村越弁護士が一体どこで業務を行い、何故に弁護士法人の登記上の住所地を移転したのかを、しっかりと指導監督連絡権を行使して調査するべきあり、その結果を弁護士自治の信託者である国民に公表すべきであろう。

 

 

One thought on “村越仁一弁護士(第二東京)が代表であった現在清算中の弁護士法人モントローズ法律事務所の登記上の住所は笠井浩二弁護士(東京)が弁護士登録を行っている住所です”

  1. 鎌倉さん
    村越と元つくしの松永の関係はもうお調べになりましたか?
    暴力団、闇金との関係が明らかになります。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中