弁護士自治っていいですね!(弁護士にとって) 辻内誠人弁護士(奈良)に三度目の「戒告」という懲戒処分

毎日新聞は20日付で「不適切な対応で弁護士 奈良弁護士会 /奈良」として以下の記事を配信した。

 

 奈良弁護士会は19日、依頼人に適切な対応をしなかったなどとして、辻内誠人弁護士(47)を戒告の懲戒処分にしたと発表した。処分は13日付。

 弁護士会によると、辻内氏は依頼を受けて、推定相続人廃除の申し立てを行ったが、委任契約書を作らなかった。2015年5月に審判が出てもそのことを伝えず、依頼者が電話をしても連絡が取れなかった。

 また、別件の刑事告訴と損害賠償請求に関しても、委任契約書を作らず、依頼者に速やかな連絡を取らなかったとしている。

 市民苦情窓口に相談が寄せられたことがきっかけで発覚した。辻内氏は弁護会の事情聴取に応じていない。過去にも戒告の懲戒処分を受けており、今回が3回目の処分。

 

引用以上

 

奈良弁護士会は、事情聴取にも応じない過去に懲戒処分を複数回受けた事がある辻内弁護士を「戒告」にしか処さないのであるから驚きである。まさに弁護士の弁護士による弁護士のための弁護士自治を体現するものであり、弁護士のみの利益に叶う弁護士自治は弁護士自治の信託者である国民を蔑ろにしている事に気付かないようである。

依頼者が電話をしても連絡が取れず、弁護士会の事情聴取にも応じない辻内弁護士に対して奈良弁護士会は指導監督連絡権を行使し、弁護士業務の実態を確認するべきであると思うのであるが、何故に辻内弁護士を「放置」しているのか気になるところである。

辻内弁護士は過去2度にわたり、ほぼ同様の職務懈怠や委任契約書の不作成で処分を受けていても「戒告」処分で済んでしまうのであるから、今後も辻内弁護士への懲戒処分も「戒告」にしかならないのであろう。

奈良弁護士会は、せっかくの三回連続同様の行為で「戒告」処分という稀に見る記録なので、珍記録として奈良弁護士会のウェブサイトで取り上げて欲しいものである。また辻内弁護士にも、このような史上稀にみる記録についてコメントと、今後「戒告」処分をどのくらい積み重ねるつもりであるのかを、ぜひとも公表して頂きたい。

しかし弁護士自治っていいものですね。(弁護士にとっては)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中