詐欺的非弁屋は絶えず「飼い犬」にする弁護士を探しています

佐々木寛弁護士・江藤馨弁護士(いずれも東京)の弁護士生命にとどめを刺した「コンテナファンド」の詐欺被害者に対する「カモリスト」を元にした勧誘による着手金詐欺の二次被害の首謀者のエイワの本田くんであるが、現在の「手持ち」が5回の懲戒処分を誇る笠井浩二では心もとない事から、別の汚れ仕事を引き受けてくれる弁護士を探しているようである。

この本田は笠井浩二の事務所運営を巡り、「呼び屋」のコンチャンと対立したらしいが名にし負う悪徳税理士が本田とコンチャンの間で暗躍し、本田に銭を出させて「カネに追われる」弁護士をセッティングしようとしているらしい。

確かに、笠井弁護士と近藤のタッグでは昼酒を飲んでへべれけになるだけなので、何の悪事もできないと思うので本田が欠陥弁護士探しを行う事は無理も無いと思うのであるが、そのような本田に付け込んで銭を引っ張るのが、乞食にしか見えないと言われるコンチャンの至芸なのであるから、本田も救われないだろう。

本田のような詐欺的な非弁屋は絶えず弁護士の「代わり」を探すことを余儀なくされることは当然であり、なぜなら犯罪的な行為を弁護士名義で行えば、その名義を貸した弁護士らは当然「懲戒請求」を申立され、佐々木・江藤のように弁護士資格を失う者もいれば、業務停止処分を受け一時的に弁護士業務を行う事ができなくなる事もあるからである。そのような事から、本田の周囲には、子飼いの「ゴーダ」ばかりでなく「コンチャン」のような職業的詐欺師も寄り付くのであろう。そんな事から本田は精神が安定しないので違法薬物を常習しているのかもしれないと筆者は推測している。

「カモリスト」を利用して弁護士名を使い被害者を安心させ着手金をふんだくる本田を首謀者とする詐欺行為は極めて卑劣であり、このような連中は徹底的に追求し、社会にその害悪を告知し一般国民がこのような詐欺集団に飼われる弁護士に間違っても委任などをしないようにする必要があると筆者は考えるので、エイワの本田や呼び屋のコンチャン、そんな犯罪集団と関わり合う弁護士を糾弾するのである。

どんなに金に困ろうと、詐欺集団に手を貸す弁護士・司法書士・税理士などは万死に値するだろう。今後も、しっかりと本田らの行動を注視していきたい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中