カネの亡者は死んでも餓鬼道を邁進します 更生不能の薬師神(若山)学に佐藤太治 それに刺青背負った「不動産販売会社」の経営者たち

朝日新聞デジタルは7日付で「シェアハウス問題、被害弁護団「スルガ銀関与」音声公表」として以下の記事を配信した。

 

シェアハウス投資へのスルガ銀行(静岡県沼津市)の融資で資料改ざんが相次ぎ発覚した問題で、借金返済が困難なオーナーらの被害弁護団が7日、不動産業者がスルガ銀行員との電話を録音したとする音声データを公開した。その中では、スルガ銀行員とされる人物が、改ざんできる会社を紹介していた。弁護団は「銀行の不正への関与を示す証拠だ」と主張しているが、スルガ銀は「不正への関与は認識していない」としている。

 音声データは2016年4月に録音され、不動産業者の顧問弁護士から弁護団に提供されたという。

 シェアハウス投資では複数の不動産業者が会社員らをオーナーに勧誘。多くをスルガ銀が融資した。融資の過程で年収や預金を水増しする書類改ざんが横行した。音声データでは、改ざん方法がわからない業者はどうすれば良いかスルガ銀行員とされる人物と会話していた。

 「いじくれない販売会社がいたらスルガさんはどうする」との問いに、行員とされる人物は改ざんできる会社名を挙げ、「オフィシャルにはいえないが、そういう依頼を受けることが多い」「彼はそこそこできる」などと応じていた。

 弁護団の河合弘之弁護士は「スルガ銀は不正への関与を認めないが、この証拠で覆る」とし、融資契約の「白紙撤回」を求めるという。スルガ銀の広報担当者は「音声内容は聞いていないのでコメントは控える。(行員が)不正に関与したとの認識はない」としている。また同行は7日、シェアハウス投資に関連し18年3月期決算で貸し倒れ引当金を積み増すと発表した。関連融資額は1千億円超とみられる。

 

引用以上

 

録音を過大評価してはならないと思うのであるが、本当にこの会話がスルガ銀行行員と不動産業者の会話であるかを立証できるのかという部分についての言及がないので、筆者としては果たして、この録音がスルガ銀行の関与についての決定的な証拠になりうるかという疑問のほうが強いのが正直な感想だ。

スマートデイズの被害対策弁護団は5月14日にも、スルガ銀行員や不動産販売業者について、預金通帳のコピーの改ざんに関わったとして、私文書偽造や変造の罪で刑事告発するという報道もなされているが、スルガ銀行員が本当に融資資料の改竄に関与したことを具体的に立証できるのか非常に心配している。

今回のスマートデイズの問題は、「カネの亡者」らが「破綻前提」のスキームでスルガ銀行からの融資金をカッパいでいった事が問題の本質で、スマートデイズを実質的に仕切っていたのは元ビデオ安売王の佐藤太治であり、このスマートデイズの被害者を食い物にしているのが詐欺師の薬師神(旧姓 若山)学なのである。

こいつらは更生不能の「カネの亡者」であり、薬師神は除名処分を受けた佐々木寛弁護士や業務停止処分を受け自ら弁護士資格を返上した江藤馨弁護士が被害者に被害回復の勧誘行為を行っていた「コンテナファンド」詐欺の関係者でもある。

「破綻前提」のスキームの「かぼちゃの馬車」のシェアハウスを「カモリスト」を元にアポ電営業して強引に売りさばいていたのは振り込み詐欺上がりが経営する不動産会社であり、そんな不動産販売会社の社長様の中には全身に刺青を背負った暴力団員にしか見えない連中も少なくないそうである。

ある程度のことは詐欺師業界にも造詣が深い被害対策弁護団の河合先生もご存じであると思われるが、河合先生は裁判などによらず半年程度で被害者救済をお考えとのことであるが、どんな交渉で被害者救済を実現するのかお手並みを拝見したい。

筆者が考える、被害者救済方法は以下のようなものであるが、河合先生はどう思われるだろうか?

1 スルガ銀行本店前に被害者が集結し蓆旗を押し立てての徳政一揆

2 かぼちゃの馬車物件を販売した不動産販売会社前での被害者集会の開催

3 かぼちゃの馬車物件を販売した不動産販売会社の所管する行政に対する苦情申し立て

4 かぼちゃの馬車物件を販売した不動産販売会社に対して「今回のかぼちゃの馬車」の破綻問題についての苦情の電話を掛け続ける

 

こんなことをすると「業務妨害」ではないかとのご心配もあるだろうが、アポ電を掛けまくるチンピラ経営の不動産販売業者の行為自体が一般人に対する業務妨害行為であることを思い知らせてやれば良いのである。また、被害者らが今回の被害にスルガ銀行の関与があるという確信があるのであれば、蓆旗を押し立てて、債務の棒引きを要望するぐらいなんでもない事であろう。

何よりも、「投資」の本質は「博打」でしかなく、人からカネを引っ張って駒を張るものではない事をスマートデイズの被害対策弁護団はしっかりと国民に呼びかけるべきである。そういう行動が、「カネの亡者」の撲滅に繋がっていくことは確かだ、パフォーマンスでない地道な活動に期待したい。

One thought on “カネの亡者は死んでも餓鬼道を邁進します 更生不能の薬師神(若山)学に佐藤太治 それに刺青背負った「不動産販売会社」の経営者たち”

  1. 弁護団の河合弘之弁護士
    ↕(さくら共同パートナー)
    千原曜弁護士
    ↕(成城ライオンズクラブ推薦人)
    蓮見和也弁護士(元さくら共同
    ↕(ニコイチ)
    松尾眞一(マンハッタンインベストメント)
    デート商法によるワンルームマンション販売で脱税、有罪

    スルガ銀行

    弁護団の河合弘之弁護士、耄碌しても金になる事案であれば何でもやります。仕事を選ばないキティさんと同じwww

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中