弁護士法人北斗の破産 預り金横領の上での破産という最悪の展開

不景気.comは『福岡の「弁護士法人北斗」が破産、業務停止の懲戒処分で』として以下の記事を配信した。

 

官報によると、福岡県福岡市に本拠を置く「弁護士法人北斗」は、2月14日付で福岡地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

同法人を巡っては、受任した複数の破産申立事件において、依頼者からの報酬と預り金を区別せず、預り金口座から約1661万円を引出し、その大半を経費や個人的使用に充当したとして、福岡弁護士会より2017年8月31日を効力発効日とする業務停止1年6ヶ月の懲戒処分を受けていました。

事件番号は平成30年(フ)第151号で、破産債権の届出期間は4月17日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は5月17日までです。

 

引用以上

 

弁護士法人北斗の代表弁護士の田畠光一弁護士の懲戒処分は上記引用記事のとおり、預り金約1660万円を引き出して、その大半を個人的に費消したという内容である。

 

【参考リンク】

「預り金」の流用などで弁護士法人北斗・田畠光一弁護士(福岡)を業務停止1年6月の懲戒処分に カルパ制度の導入をしなければ同様の行為は繰り返されるでしょう

 

弁護士法人北斗は、懲戒処分を受けた田畠弁護士が唯一の社員であったので、懲戒処分と同時に田畠弁護士は社員を脱退し「社員の欠乏」を理由に清算処理に入ったのである。そして福島康夫弁護士が平成29年10月26日に同法人の清算人に就任し、法人の清算に向けての調査を行った結果として債務超過と判断し、破産申立を行い平成30年2月14日に破産手続開始の決定がなされたようである。

預り金から約1660万円もの大金を持ち出してしまうのであるから、債務超過であることは当然であると思われるが、預り金の横領は明らかな犯罪行為であることから、福岡県弁護士会の会長を務めたこともある、破産管財人の三浦邦俊弁護士には厳正な対処と、犯罪行為については刑事告発を行うことを求めたい。

ちなみに、本日現在も弁護士法人北斗のウェブサイトが閲覧できる状態にあるが、なぜそういう状態であるのかは筆者には理解できないが、破産管財人は早急に適切な措置を行うべきであろう。

弁護士が業務停止により社員の欠乏を理由に清算から破産に移行した件では、「泥棒」駒場豊が代表社員を務めていた弁護士法人フォーリーフ法律事務所の破産の事案があるが、結局この時は「泥棒」駒場の破産申立を法人と一緒に行わなかった事から、駒場は弁護士として延命し、現在東京弁護士会から懲戒処分の事前公表がなされている佐々木寛弁護士と故人の懲戒弁護士と共に「東京千代田綜合法律事務所」を設立し、結局のところまともに弁護士業務を行わずに多くの被害者を発生させてしまったのである。

今回の弁護士法人北斗の件では田畠弁護士に対して同時に破産申立がなされたのかは今のところ不明であるが、田畠弁護士に対しても破産申立を行わないようであれば、おそらく「泥棒」駒場と同様の二次被害が起きる事は間違ないないと筆者は考えている。

預り金をカッパライされた依頼者も多数いるだろうと思われるので福岡県弁護士会には、弁護士法人北斗の破産による被害者の救済対策を誠実に行う事を筆者は求めたい。そのような行動は、社会正義の実現のための使命であると考えるからである。