欠陥弁護士の名を利用する詐欺師と非弁屋に鉄槌を

昨日も無くなった荒井鐘司弁護士の事を取り上げたが、詐欺的な金集めを行って「トンズラ」したのは、荒井弁護士自身ではない事は確かな事である。最近は弁護士の名のみを利用し詐欺的な行為を行う連中が増殖しているようである。

代表例は、コンテナファンド詐欺の被害者のカモリストを使って「着手金詐欺」としか考えられない手法を繰り返し江藤馨・佐々木寛(いずれも東京)を廃業に追い込んだ、覚せい剤中毒のホンマことエイワの本田であろう。この本田は、懲戒処分の常連である笠井浩二(東京)とも結託したが、お互いに「カネの亡者」である事から決裂し、現在も笠井は「御苑法律事務所」に所属している事になってはいるが、すでに本田から追放され別の場所で業務を行っているとの情報も寄せられている。この笠井の引っ越しには「呼び屋」のコンちゃんも関与しているのとの評判である。詐欺師は詐欺師同士くっつくという典型であろう。

この着手金詐欺としか思えない、エイワの本田や、今回の荒井弁護士の事務所で行われた「金集め」を実際に指導し、犯罪行為を実行し犯罪収益を持ち去った実行犯に鉄槌を下し処罰を与える事しか、このような犯罪の抑止力にならない事は明らかであり、東京三会の非弁取締委員会は協力し、このエイワの本田や荒井弁護士の事務所に巣食っていた詐欺師らを告発してほしいものである。

弁護士の名前を使い金集めをした人物と言えば中田康一(除名)や所在不明の菅谷公彦(除名)の名が浮かぶが、この連中は自らカネ集めを行い破滅した者らである。エイワの本田に利用された江藤馨・佐々木寛は「カネに追われて」本田に利用され、資格を失ったのである。今回の荒井弁護士もおそらくは同様に「カネに追われて」非弁屋兼詐欺師に利用されたのであろう。

業務停止処分を受けバッジを返上した元第二東京弁護士会副会長の諸永芳春も、吉永精志という元弁護士の犯罪常習者に利用され尽くしたのである。

日弁連・東京三会は自分たちの名誉にかけても、「エイワの本田」「吉永精志」を告発するべきであろう。吉永については、また諸永のような「寄生先」をすでに確保している可能性もある。地面師事件に関与するような常習犯罪者の元弁護士を放置することは許されないだろう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中