元第二東京弁護士会副会長諸永芳春氏の弁護士登録抹消後の吉永精志と小林霊光の行方が気になります

元第二東京弁護士会副会長であった諸永芳春弁護士が業務停止6月の懲戒処分を下された後に本年2月に弁護士登録を自ら抹消した事はお伝えしているとおりである。

その後、諸永弁護士を実質的に「飼って」いた吉永精志と犯罪常習者の小林霊光の行方が気になるところであるが、いまのところ筆者に情報は寄せられていない。

多くの地面師事件が摘発のされる中で「寒さ」を感じた吉永が逃亡を図った可能性もあり、もしくは明らかな非弁事件としての立件を恐れての逃亡ということも考えられる。そんな事からも、吉永の行方(どの法律事務所に寄生しているか)が分かる方は是非とも筆者に情報を寄せて頂きたい。

犯罪常習者の小林霊光は、以前のように暴力団事務所の電話番をしているのかもしれないが、何しろ犯罪が日常なので、しっかりと霊光の行動も注視することが必要であろう。

いずれにしても、この2名の犯罪常習者を野に放っておいて良いわけは無いのである。

元弁護士の諸永氏は、しっかりと「社会正義の実現」と真逆の行動を事務所職員が取っていた事について、全ての事実を公表し懺悔する必要があると筆者は考えている。それが何よりに弁護士不祥事の防止に役立つことであると考えるからである。第二東京弁護士会の副会長とう重責を担った諸永元弁護士の良心に期待したい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中