ATM不正引き出し事件 首謀者の一人と思しき斉藤祐輔を逮捕 元関東連合関係者を指名手配との情報も

朝日新聞デジタルは21日付で「ATM不正引き出し容疑、男を逮捕 首謀者の1人か」として以下の記事を配信した。

 

全国17都府県のコンビニのATM(現金自動出入機)で2016年5月、約18億6千万円が一斉に引き出された事件で、福岡県警は、東京都世田谷区梅丘2丁目、無職の斉藤祐輔容疑者(33)を不正作出支払用カード電磁的記録供用と窃盗の疑いで逮捕し、21日に発表した。事件を主導した人物の一人とみている。

  国際捜査課によると、斉藤容疑者は男10人と共謀。16年5月15日午前6時~8時40分ごろ、福岡市や福岡県春日市、福岡県那珂川町のコンビニATMで偽造カードを使い、計43店舗で現金計4380万円を引き出した疑いがある。

  この日、東京や愛知、大阪などで、3時間足らずのうちに、南アフリカの銀行から流出した情報をもとに作成された偽造カードで計1万8千回以上、現金が不正に引き出された。

  県警は、ATMから現金を引き出す「出し子」らを割り出し、これまでに福岡、佐賀、長崎の3県で発生した146件(計約1億5千万円)を立件。出し子への指示役とされる指定暴力団工藤会や指定暴力団神戸山口組の傘下組織組員ら計48人を検挙した。

  その後の調べで、関東に拠点がある暴力団関係者と親交がある斉藤容疑者が浮上した。情報を入手して偽造カードを準備し、各地の「出し子」グループに渡していた、と県警はみている。

 

引用以上

 

また産経新聞は22日付で「元「関東連合」の男に逮捕状 ATM不正引き出し疑い」として以下の記事を配信した。

 

平成28年に17都道府県の現金自動預払機(ATM)から偽造カードを用いて計約18億円が不正に引き出された事件で、千葉県警が不正作出支払用カード電磁的記録供用と窃盗の疑いで、指示役とみられる準暴力団「関東連合」の元メンバーの40代の男の逮捕状を取り、全国に指名手配していたことが分かった。男は主犯格として犯行に関わっていたという。

  一連の事件で千葉県警は21日までに40人以上を逮捕している。事件には暴力団が深く関与しているとみられ、県警は全容解明に向け捜査を進めている。

 

引用以上

 

カネだけを追い求める「カネの亡者」らは、自称「任侠団体」である暴力団や、「友情」「仲間」を重視するという半グレ集団の所属であることが多い。言っている事は建前だけで単にカネでしか自己を誇示できないバカどもばかりなので、犯罪行為を行ってカネを奪う事に何のためらいも感じない連中ばかりなのである。

このATM不正引き出し事件には、一定の団体でなく関係した暴力団員も様々な組織に属している事や、半グレも関係している事が特徴である。この特徴は、特殊詐欺も同様であり、カネだけのために離合集散を繰り返す詐欺集団特有のものである。

カネにしか価値を見出さない、こんな人物たちを放置することは我が国の治安を悪化させるだけであるので、特殊詐欺に関与した人間は更生不能である事は間違いないので全て死刑で構わないと言うのが筆者の考えであるが、多くの国民もそう思っている筈であると筆者は考えている。

義理人情も無く、単にカネだけを追いかける犯罪集団に対しては、徹底的な犯罪収益の没収を行うべきであり、あらゆる制裁措置を取るべきであろう。そうでもしなければ、我が国には「カネの亡者」らが今後も大幅に増殖していくことは間違いないからである。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中