朝鮮総連に銃弾を撃ち込んだ、「カネの亡者」の元「用心棒」 特殊詐欺金主の腐れババアの元情夫は現在業務停止中の蓮見弁護士とも面識がございます。

時事通信は23日付で「朝鮮総連本部に発砲=右翼活動家ら2人逮捕―警視庁」として朝鮮総連中央本部に銃弾が撃ち込まれたことを以下のとおり報道した。

 

23日午前3時50分ごろ、東京都千代田区富士見の在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部で、男2人が門扉に拳銃のようなものを発射した。

 警戒中の警視庁機動隊員が建造物損壊容疑で2人を現行犯逮捕。けが人はいなかった。

 逮捕されたのは右翼活動家の桂田智司(56)=横浜市栄区桂町=、右翼関係者の川村能教(46)=同=両容疑者。同庁公安部によると、いずれも容疑を認めているという。

 桂田容疑者らはワンボックス車で乗り付け、助手席にいた川村容疑者が車内から、数メートル離れた鉄製の門扉に向けて数発発砲。声を上げたりすることはなく、降車したところを機動隊員に取り押さえられた。

 現場近くで回転式拳銃のようなものが1丁見つかっており、公安部は銃刀法違反の疑いでも調べる方針。桂田容疑者は昨年まで右翼団体に所属し、これまでも北朝鮮情勢をめぐり総連に抗議に訪れることがあったという。 

 

引用以上

 

朝鮮総連に銃弾を撃ち込んで、北朝鮮の国策が変わるわけもなく、かえって政治的にこの事件を利用するだけである事など誰でも分かる事であるにも関わらず、こんなスタンドプレイで「国士」のフリをするということは「ネット右翼」的なメンタリティーをこの2名の容疑者が持っているという事だろう。こんなバカな事件を起こして喜ぶのは「ネット右翼」だけであり、北朝鮮情勢を憂える本当の右翼の人物らは心より呆れているはずである。

北朝鮮に潜伏して、圧政と飢餓に苦しむ共和国人民を開放すべくレジスタンスを組織して金王朝を転覆し金正恩を放伐するぐらいの気概を持つのであれば大したものだが、どんな事でも韓国・北朝鮮を「悪」と見なし、何か事件が起きれば「あいつは在日」とレッテルを張って喜ぶ低能ネトウヨや、今回の桂田・北田容疑者らには「思想」などなく、単なるうっぷん晴らしのために韓国・北朝鮮を蔑視し敵視しているのであると思われる。

ところで、この川村能教容疑者は元暴力団員であり、暴力団員である当時は「矢野」と名乗り、神戸の豪邸に住まわれている一時期は障害者スポーツのNPOの代表理事に就任していた特殊詐欺の金主のババアの用心棒的な役を務めていたのである。この神戸の詐欺御殿に腐れババアの尊顔を拝しに行った連中は、マンションデート商法首魁の松尾をはじめとして、特殊詐欺の首謀者クラスや、松尾の盟友であったが今回業務停止3月の懲戒処分を受けた蓮見弁護士まで多士済々である。みな、「カネ」を引っ張るためだけに神戸詣でをしたらしいが、そんな職業犯罪者らが詣でる特殊詐欺の金主のババアに、蓮見弁護士はどんな話をしたのであろうか?

今回逮捕された矢野こと川村容疑者には過去の「腐れババア」の悪行や、カネに引っ張りに来た犯罪者たちについて全て捜査機関に暴露して欲しい。それこそが「国士」の振る舞いであろうと筆者は考える。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中