元東京地検特捜部長の石川達紘弁護士が交通死亡事故を発生 喜寿を過ぎても高級車を運転する石川弁護士に過信は無かったのか?

朝日新聞デジタルは、「元東京地検特捜部長が運転する車にはねられ、男性死亡」として以下の記事を配信した。

 

18日午前7時20分ごろ、東京都港区白金6丁目の都道で、元東京地検特捜部長の石川達紘弁護士(78)=神奈川県鎌倉市梶原3丁目=運転の乗用車が歩道沿いの金物店に突っ込んだ。この事故で、歩道にいた建築業堀内貴之さん(37)=東京都足立区東和4丁目=が巻き込まれて死亡した。石川弁護士も足を骨折する重傷を負った。

 警視庁は、石川弁護士が車の運転操作を誤った可能性があるとみて、けがの回復を待って自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死)の疑いで事情を聴く。

 高輪署によると、石川弁護士は事故直前、現場近くの路上に車を止め、知人がトランクに荷物を積み込むのを運転席で待っていたが、車が急発進。片側1車線の道路を約200メートル直進した後、反対車線を横切って歩道に突っ込み、堀内さんにぶつかったという。堀内さんは近くの病院に入院中だったが、18日に退院する予定で、事故時は買い物に出ていたとみられる。

 石川弁護士は最高検公判部長、名古屋高検検事長などを歴任。金丸信・元自民党副総裁の脱税事件の捜査を指揮するなどした。

 

引用以上

 

石川弁護士は有名ヤメ検として様々な事件に関与した有名弁護士である。光和総合法律事務所に所属し、現在でも検察に隠然たる影響力を持っているといわれ、配下に多くのヤメ検・ヤメ判を持つ弁護士である。

喜寿を過ぎても精力的に活動していた石川弁護士であるが、おそらくブレーキとアクセルを踏み間違えて、このような事故を起こしてしまったようである。事故を起こした車両が、安全装備満載の高級車レクサスであったことからも、この事故には多くの国民が関心を持っているようである。

報道によれば、石川弁護士も重傷を負っており証拠隠滅の恐れも逃亡の恐れも無く、治療の必要性からも逮捕されることは考えられない。一部のネット報道で、石川弁護士が逮捕されないのは「上級国民」故との妄想も繰り広げられているが、そんな事はないだろう。

今回の事故で考えられることは、石川弁護士の知力・体力・判断力への「過信」であろう。いくら優秀な弁護士であろうと、老いには勝てるはずもない。石川弁護士の居住する鎌倉市梶原は通常はバス便で鎌倉に出るか、湘南モノレールの湘南町屋に出ることになるので、公共交通機関に接続するまでの利便性から車での移動を多く行っていたのであろうと思われ、事故当日も横横道路の朝比奈か、逗葉新道から首都高を通って都心に出たのであろう。それだけでも、石川弁護士の健康さと自分への自信が読み取れるが、事故のニュースを見る限りでは石川弁護士の運転していた高級車レクサスには高齢者マークは貼付されていないように見えた。このあたりにも石川弁護士の「過信」が読み取れると思うのは筆者だけではないだろう。

いずれにしても、石川弁護士は何らかの刑事罰を受けることは間違いなく、今後の進退が注目されるが、多くの石川弁護士を頼る様々な依頼者の状況にも筆者は注目したいと考えている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中