元第二東京弁護士会副会長の諸永芳春弁護士が業務停止6月の懲戒処分を受けた直後に、弁護士登録を抹消 諸永さん責任を感じているなら、ご自身で吉永精志と小林霊光の悪事を告発してください

弁護士自治を考える会は16日付で、地面師と結託する吉永精志弁護士が寄生していた元第二東京弁護士会副会長の諸永芳春弁護士が業務停止6月の懲戒処分を受けた直後に弁護士登録を抹消していた事実を報じた。

 

【参考リンク】

 弁護士自治を考える会 諸永芳春弁護士(二弁)弁護士登録抹消

 

諸永元弁護士は、すでに弁護士ではなく自らが副会長を務めた第二東京弁護士会にも登録が無くなったので、今後諸永元弁護士や吉永精志などが地面師事件で検挙されたとしても第二東京弁護士会は何のコメントも出さなくて済むことや、懲戒請求も提起されることもないので、お喜びになっているのではないかと思われる。

諸永氏は中央大学卒で、筆者の知る限りではアップル法律事務所に在籍しながら「ぼろ株」の大株主になったりしていたのであるが、平成26年に諸永総合法律事務所を開設した頃から本格的な吉永精志の犯罪行為が開始され、そのうちに公尽会が解散したことから行き場をなくした小林霊光が出入りを開始し、取り込み詐欺集団や滝義洋のような大物詐欺師が入り込むようになったのである。

こうなるとまともな弁護士業務など行えるはずもなく、名称を内神田総合法律事務所に変更し、また更に引っ越しを行い名称を西池袋法律事務所に変更し電話・FAXなどを非公開にして懲戒処分が下るのを待っていたのである。

諸永元弁護士が吉永らを放置した責任を取って、弁護士バッジを返却したのであれば、自分が代表者であった諸永法律事務所から西池袋法律事務所の間に、同事務所で被害に遭った人々のために、吉永・小林の犯罪行為の実態を明らかにしたうえで、自分自身でも両名の行為を告発するべきであろう。吉永精志は諸永元弁護士が運営していた事務所のイソ弁であったこともあるそうだ。諸永元弁護士は、不詳の元部下にしっかりと責任を取らせるための措置をとるべきだ、それが第二東京弁護士会副会長を務めた事のある諸永元弁護士の役割であろう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中