飯塚事件 再審開始を認めない決定 そういえば帝銀事件の再審グループの弁護団主任弁護人に犯罪集団公尽会の保持清が就任していたことを思い出しました。

朝日新聞デジタルは6日付で、「飯塚事件、再審開始認めず 死刑執行後の請求 福岡高裁」として以下の記事を配信した。

 

福岡県飯塚市で1992年に女児2人が殺害された飯塚事件で、福岡高裁は6日、殺人罪などで死刑が確定し、執行された久間三千年(くまみちとし)・元死刑囚(執行時70)の再審請求を退けた福岡地裁決定を支持し、弁護側の即時抗告を棄却した。岡田信裁判長は「犯人であることが重層的に絞り込まれている」と判断した。弁護側は特別抗告する方針。

 確定判決によると、久間元死刑囚は92年2月20日、飯塚市内で7歳の女児2人を車に乗せた後に首を絞めて殺害。遺体を約20キロ離れた同県甘木市(現・朝倉市)の山中に遺棄した。

 元死刑囚は捜査段階から一貫して無罪を主張したが、2006年に最高裁で死刑が確定、08年に執行された。翌年に元死刑囚の妻が福岡地裁に再審請求したが14年に棄却され、即時抗告していた。

 即時抗告審では、女児の遺留品が発見された現場付近の車の目撃証言や、DNA型鑑定、血液型鑑定の信用性などが争われた。

 車の目撃証言は、遺留品の発見現場付近を車で通りかかった男性が、反対車線に停車中の車を見たというもの。男性は元死刑囚の車と特徴が似た「紺色、ワンボックスタイプ、後部が(左右2本ずつの)ダブルタイヤ」などと詳述した。

 弁護側は、男性の目撃証言が変遷したうえ、男性を聴取した警察官が元死刑囚の車の特徴を事前に調べていたなどとして「誘導があった」と主張していた。

 高裁決定は目撃時の状況などを踏まえて、地裁決定と同様に「目撃証言の誘導をうかがわせるとは言えない。目撃証言の信用性は揺るがない」と指摘した。

 飯塚事件のDNA型鑑定は、再審で無罪が確定した足利事件と同じ手法で、ほぼ同時期に警察庁科学警察研究所が実施した。弁護側は「真犯人の可能性のある型が見つかった」と訴えたが高裁も認めなかった。科警研が実施した血液型鑑定に関しても「技官の証言は信用でき、不合理だったとはいえない」と判断した。

 足利事件では再鑑定で当時の鑑定の誤りが判明したが、飯塚事件では試料が残っておらず再鑑定できなかった。

 

 地裁決定はDNA型鑑定について「確定判決の当時より慎重に検討すべきだ」と指摘する一方で、他の証拠を総合評価して「高度の立証がなされている」と結論付けた。高裁は「地裁決定に不合理な点はなく、正当なものとして是認できる」と判断。元死刑囚について「犯人だと認定するのが相当」とした。

 

引用以上

 

冤罪はあってはならない事であるが、警察官や検察官・裁判官も人間である限り今後全くの冤罪が無くなる事もない事は確かである。捜査側は、思い込みや勝手なストーリーを作り上げることをしないで、誠実に捜査に当たれば冤罪が限りなく減る事は間違いないだろう。現在読売新聞に掲載されている『[時代の証言者]冤罪のち次官 村木厚子』を読むと、大阪地検特捜部主任検事証拠改ざん事件失職した検事らの捜査がいかにデタラメで思い上がった捜査であったかがよく理解できる。「人質司法」を最大限に利用し「保釈」などをエサにして自白を強要する捜査手法をエリート検事が平然と行う事には呆れるしかないが、誠実に事件捜査に当たる警察官・検事が多い事も事実である。

刑事弁護を行う弁護士の役割は、被疑者・被告人の人権擁護のために動くことであり、被疑者・被告人が納得する刑罰に導くことが重要な役割であろう。被疑者・被告人が無罪を主張しているなら当然その主張に寄り添うべきだろう。

多くの弁護士は死刑事件などの再審請求に「手弁当」で応援する弁護士も多いが、そんな活動が高じてか、高邁な理想をお持ちのご立派な弁護士らの中には非行に走る弁護士も多い。代表例が帝銀事件の再審請求の弁護団の主任弁護人を務めたが、犯罪集団と呼んだほうが相応しい弁護士法人公尽会の代表社員であり、最後は公尽会に殉じて退会命令を受けた保持清元弁護士であろう。

 

【参考リンク】

再審開始に向けて…保持清主任弁護人に聞く

 

保持清弁護士(東京)ついに伝説の弁護士に退会命令 弁護士自治を考える会

 

再審請求などは、対象者の利益のために行うべきであり弁護士の自己満足や売名のために行う者では無いはずである。この飯塚事件の弁護団がそうであると筆者は言いたいのではなく、ご立派な弁護士中には言行不一致の方も多く『そのすることは、すべて人に見せるためである。聖句の入った小箱を大きくしたり、衣服の房を長くしたりする。宴会では上座、会堂では上席に座ることを好み、また、広場で挨拶されたり、『先生』と呼ばれたりすることを好む。』(マタイ23・5-12)という言葉に典型的に当てはまる「先生」様が多いのも事実だと言いたいだけである。

ところで保持清さんは今もお元気でしょうか?先生の名前を使い荒稼ぎをした益子や高瀬に元弁護士で霊能者の小林霊光はきちんと先生の面倒を見ておりますでしょうか?もしよろしければコメントをお寄せください。

One thought on “飯塚事件 再審開始を認めない決定 そういえば帝銀事件の再審グループの弁護団主任弁護人に犯罪集団公尽会の保持清が就任していたことを思い出しました。”

  1. 公尽会といえば消滅後、全事件を今は亡き「つくし法律事務所」に引継いだと言われていますが、
    その後どうなったのでしょうか?

    つくし法律事務所の松永元弁護士は事務所の場所さえ知らなかったと噂されているのに
    事件処理はできたのでしょうか?

    もちろん事件は非弁屋は処理したのでしょうが、これでいいのですか?
    東弁の皆さんは依頼者にきちんと説明できるのでしょうか?

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中