安達浩之弁護士(第二東京)に退会命令 預り金のカッパライは非弁屋の典型的な行動

第二東京弁護士会は1月31日付で、安達浩之弁護士に退会命令の処分を下したことを、同会のウェブサイトで公表した。ウェブサイトによる迅速な懲戒処分の公表を行った事は第二東京弁護士会の対応を評価したい。懲戒処分の内容は以下のとおりである。

 

2018年(平成30年)1月31日、当会は弁護士法第56条に基づき、弁護士会員を懲戒したので、下記のとおりお知らせいたします。

  同会員の依頼者の方が多数いらっしゃることから、想定し得るご質問とその回答を掲載いたしますので、こちらをご一読ください。

 

第二東京弁護士会

 会長 伊東 卓

 

1 対象弁護士の氏名、登録番号及び事務所

 氏  名 安達 浩之

 登録番号 第39546

 所 東京都豊島区東池袋3-21-21

ヴァンガードタワー3102 東瀛(とうえい)国際弁護士法人

 

2 懲戒処分の内容

 退会命令

 

3 懲戒処分の理由の要旨

(1)被懲戒者は、当会非弁護士取締委員会における調査案件の調査対象者であったところ、平成25年7月及び8月の同委員会の調査手続において、自ら代表者として法律事務所を経営している被懲戒者の申告所得が事務所開設以来年数百万円の赤字になっていることを指摘され、その赤字分の補填方法について説明を求められたのに対し、実際にはそのような借入れをした事実がないにもかかわらず、赤字補填の原資は被懲戒者の父親から借りたと説明した上、平成25年10月21日、父親作成名義の偽造の金銭消費貸借契約書5通を同委員会に提出して、同委員会の調査を妨害したというもので、被懲戒者の行為は、同委員会に関する規則第12条第5項の調査協力義務に違反し、弁護士法第56条の第1項に定める品位を失うべき非行に該当する。

(2)被懲戒者は、懲戒請求者から受任した消費者金融会社に対する債務整理・過払金請求事件につき、過払金を回収したにもかかわらず、長期にわたり放置し、当該過払金の精算、返還をしなかったというものであり、被懲戒者の行為は、弁護士職務基本規程第45条に違反し、弁護士法第56条第1項に定める弁護士としての品位を失うべき非行に該当する。

(3)被懲戒者は、懲戒請求者から受任した債務整理事件における弁済代行業務に関し、消費者金融会社に対する弁済を怠たり、受任事件の辞任後弁済代行分としての預り金等の返金が遅れたというものであり、被懲戒者の行為は、弁護士職務基本規程第45条に違反し、弁護士法第56条第1項に定める弁護士としての品位を失うべき非行に該当する。

(4)ア 被懲戒者は、平成21年6月にA法律事務所に入所して以降、同年10月にB法律事務所で執務するようになってから以降も継続して平成28年3月ころまでの間、報酬を得る目的で自己破産申立事件もしくは不当利得返還請求事件(過払)又は債務整理に関する法律事務の取扱いを周旋することを業とする者と疑うに足りる相当な理由のある、弁護士でないCから、自己破産申立事件もしくは不当利得返還請求事件(過払)又は債務整理に関する法律事務の紹介を受け、又はこの者に自己の名義を利用させたというものであり、被懲戒者の行為は、弁護士職務基本規程第11条に違反し、弁護士法第56条第1項に定める弁護士としての品位を失うべき非行に該当する。

イ 被懲戒者は、平成28年8月29日から同年9月7日にかけて、それ以前にD会社の管財人から依頼者の過払金として被懲戒者の銀行口座に振込まれていた金員について、3名の依頼者に対して、別の依頼者らからの預り金を流用して、3名の依頼者分の過払金額以上の金員を支払ったというものであり、被懲戒者の行為は、弁護士職務基本規程第38条、預り金等の取扱いに関する規程(日弁連平成25年5月31日会規第97号)第2条に違反し、弁護士法第56条第1項に定める弁護士としての品位を失うべき非行に該当する。

 

4 懲戒処分が効力を生じた年月日

 平成30年1月31

 

引用元 http://niben.jp/news/ippan/2018/180131170101.html

 

懲戒処分の原因としては何と約5年前の非弁取締委員会において安達弁護士が偽造書類を提出した事、回収した過払い金を依頼者になかなか返さなかった事、また依頼者から預かった債務弁済の資金をきちんと債権者に返していなかった事、それと非弁提携及び名義貸しである。まぁ非弁屋とつるんだ欠陥弁護士の典型的な預り金カッパライ事案と判断できる。

今後の、対応について第二東京弁護士会は、安達弁護士は弁護士業務ができなくなるし、この安達弁護士が唯一の社員である東瀛国際弁護士法人は解散となるので、依頼者は自分で債権者と交渉しろ、弁護士に相談したいなら公設事務所か法テラスに相談しなさい。但し相談料は一部無料にするが、委任の際は銭がかかるよ、という血も涙もない対応のようだ。

だいたい、平成25年から非弁取締委員会が調査していたのだから、おそらくこの安達弁護士への懲戒請求は会請求であろうと思われる。それであれば懲戒処分の事前公表を行い弁護士自治の信託者である国民に注意喚起を行うべきであったはずだ。そうすれば、安達弁護士と非弁屋によるカッパライの被害に遭う人は確実に減っていたはずである。

安達弁護士は新司法試験世代の61期の修習であるが、長年にわたり非弁提携を続けていたようである。以前に安達弁護士が開設していた事務所の「理念」を述べていた動画が公開されているが、「理念」とは裏腹にカッパライを続けていたのが現実なのである。

 

【参考リンク】

 アクティブ法律事務所 動画

 

約5年以上も安達弁護士に対して調査や懲戒処分の審議を行いながらも、一切国民に注意喚起をしなかった第二東京弁護士会には、安達弁護士の被害者に対する責任があるはずである。公表しているような、ふざけた対応を行わず、真剣に被害者救済を行うべきである。

“安達浩之弁護士(第二東京)に退会命令 預り金のカッパライは非弁屋の典型的な行動” への6件のフィードバック

  1. カッパライ安達元弁護士の依頼者に対する血も涙も情けも無い二弁の迷いのない対応に清々しさすら感じてしまいます。
    直近ではアディーレの依頼人のが停止期間中に他の弁護士に依頼を変更せざるを得なくなり、新たに費用を捻出させられたり、
    少し前では泥棒駒場を筆頭に数々の弁護士・元弁護士の依頼人も同様の仕打ちを受けていましたね。

    欠陥弁護士、事務所と見抜けず依頼してしまった依頼人も悪いと言えばそれまでなのかもしれないですが、
    依頼人に2重苦を与える弁護士会のこのような仕打ちは国民の感覚と乖離していることを各弁護士会はそろそろ直視してもらいたいものです。
    まあ、直視したら不利益しか生じないのが分かっているからいつまでも直視しないのでしょうが。
    そんな各弁護士会の挨拶・談話などで美辞麗句を並べている様を拝見するたびに薄ら笑いが止まりません。

    いいね

    1. それを証拠に警察は安達が長期間繰り返して犯した詐欺横領を握りつぶして全く取り合いません。
      安達は自賠責が私と国民に犯した約款違反詐欺を隠蔽するために、直接の被害者である私から1500万円だまし取り。公安と弁護士会から指示を受けて私を騙した、逃げも隠れもしないので殺してほしいと言って挑発してきて、私を犯罪者に仕立て上げ、約款違反詐欺を隠蔽し完全犯罪をしようとした。

      いいね

  2. 約款違反詐欺が確定すれば自賠責含めた日本の保険会社は全て破綻してしまうため、私は裏金は少なくとも600億以上はあると確信して、警視庁公安を揺すれば600億以上の裏金「汚い金」を受け取ることができるよと拡散しても公安は何も反論でできずに事実と認めているのです。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中