覚せい剤中毒者「ホンマ」に飼われる笠井浩二弁護士の今後への懸念

覚せい剤中毒者で非弁屋の「ホンマ」がどうやら、消費者金融のエイワに現在も在職しているらしいことは、以下の参考リンクの記事で取り上げた。

 

【参考リンク】

覚せい剤中毒者「ホンマ」 自称呼び屋の「コンちゃん」に関する報道について

 

 この「ホンマ」が飼う、過去5回の懲戒処分歴を誇る笠井浩二弁護士との間でトラブルが発生しているとの内部情報が筆者に寄せられた。真偽については確認することはできないが、トラブルの内容は「カネ」に関するトラブルで、「カネ」の主導権が笠井側にあるのか「ホンマ」側にあるのかというトラブルらしい。

このトラブルで、「ホンマ」側は笠井との決別を決意し、笠井の後釜探しを始めたのとのことである。

覚せい剤中毒の「ホンマ」はパキパキに決まっていて、こんな短気を起こしたのかもしれないが、今後の笠井先生の身の振り方がとても心配である。この情報が真実であれば、「ホンマ」が実質的に経営し番頭格の「ゴーダ」の指示の下で運営される御苑法律事務所には、そう遠くない将来に笠井以外の欠陥弁護士が加入することになるはずである。

もっとも、笠井弁護士に対してなされている複数の懲戒請求事案のうちの何件かが綱紀委員会から懲戒委員会に回っていると情報もあり、笠井弁護士としてはどうでも良いことと思っておる可能性もある。

懲戒処分慣れしている笠井弁護士の事だから、盟友の飲み友達の「呼び屋」のコンチャンと謀って、非弁屋に事件を全て復代理で委任することぐらい今から用意している事だろうと思われる。そんな事からも、今後の笠井弁護士の動きからは目が離せない状況が続きそうである。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中