今年も詐欺師が跋扈し、欠陥弁護士は人様のカネをカッパライする一年でした

特殊詐欺は手を替え品を替え罪のない国民の財産を巻き上げ、一向に減少する気配はない。そのほかに今年は地面師事件の摘発が相次いだ。地面師事件の多くには弁護士・司法書士などが関与し、「役者」を揃え本人確認書類を偽造して、「買い手」を騙してカネを騙し取るのである。こんな事件に関与する資格者の罪は極めて重くする必要があるだろう。

現在、有名地面師の内田マイクは保釈逃亡中らしいが、マイクが以前から昵懇にしている暴力団関係者の関与も噂されている。以前からマイクは暴力団幹部と深い交友があったことを考えればあり得ない事ではないだろう。

また、今年はHYIPなどと称して高利回りをうたい、カネ集めを行いそのまま逃亡という連中も続出した。カネ集めの手段は多種多様になり、「カネの亡者」たちは必死にカネを追いかけ、騙しが成功すれば「自分は天才」と思い込み調子に乗って、だまし取った金を、別の詐欺師に食われるのである。

今年も弁護士業界では、人様のカネに手を付け処分を受けたり逃亡する弁護士が続出した。特に有名弁護士であり積極的にメディア出演を行っていた、菅谷公彦弁護士の逃亡は数多く報道され、結局は「除名」処分を受けることになったのである。そのほか、有名非弁屋で覚せい剤中毒者の「ホンマ」配下の、佐々木寛弁護士(東京)への懲戒処分の事前公表など「カネに追われ」結果的に詐欺師に加担する弁護士の増加も相変わらずである。

あくまでカネはよき召使であるはずなのであるが、カネに追われれば人生全てがカネに支配されてしまうのである。また、カネでしか自分を誇示できないバカ者どもは、カネを浪費すれば必ずちやほやされる場所(年配者は韓クラ 若年者はキャバクラ)で浪費を繰り返し、日々バカ騒ぎに使ったカネを自慢して悦に入っているのである。詐欺師でも超大物クラスになると、銀座で豪遊し女には店を持たせている者もいるようである(滝ちゃんの事です)。

上記のHYIP関連の詐欺なども、被害に遭った方もつまらない欲からはまり込んでしまう事がほとんどであろう。働かずしてカネを稼ぐことは、なかなか大変な事であり、詐欺師どものいう「情報」など、何の情報でもなくただのヨタ話である事を理解すれば二度と詐欺話に引っかかる事はないはずである。

こんな詐欺師だらけの「拝金社会」を変える事は相当に困難であろうが、詐欺師への刑罰の厳罰化と、国家資格者がその知識を悪用して犯罪行為を行ったり、幇助した場合には即時の資格はく奪と厳罰を与えるようにすれば、特殊詐欺による被害は相当防げるのではないかと筆者は考えている。自分が表に出ずに、第三者に犯罪行為を持ち掛けるような大天才の司法書士のような事を行う連中までは取り締まれないかもしれないが、詐欺師に騙されたものが「自殺」「破産」に追い込まれ、詐欺師がのうのうと暮らしている我が国の状況はあきらかにおかしいと筆者は考えている。

今年のブログの更新は本日で終了します。独りよがりな意見を読んでいた多くの方、情報を提供してくれた方々に心より感謝いたします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中